版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ひかりの針がうたふ 黒瀬珂瀾(著/文) - 書肆侃侃房
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文FAX番号:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784863854406

ひかりの針がうたふ

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:書肆侃侃房
四六変型判
144ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-86385-440-6   COPY
ISBN 13
9784863854406   COPY
ISBN 10h
4-86385-440-4   COPY
ISBN 10
4863854404   COPY
出版者記号
86385   COPY
Cコード
C0092  
0:一般 0:単行本 92:日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年12月22日
最終更新日
2021年1月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-05-05 現代短歌新聞
評者: 野口あや子
MORE
LESS

重版情報

2刷 出来予定日: 2021-11-19
MORE
LESS

紹介

光漏る方へ這ひゆくひとつぶの命を見つむ闇の端より

早朝の水質検査が終わるころ
斜めに差してくる幾本もの光
まっすぐ歌がやってくる


【自選5首】
言葉を五つ児が覚えたるさみしさを沖の真闇へ流して帰る
生なべて死の前戯かも川底のへどろ剥がれて浮かびくる午後
詩が僕を訪ねないので浜を這ふ蔓菜に死者の記憶を語る
うみそらの澄みゆく朝に切る舵の肌寒を妻と分かちたきかな
海沿ひに二年を生きて去るわれへ朝の汽笛は低く響けり

著者プロフィール

黒瀬珂瀾  (クロセカラン)  (著/文

1977年、大阪府生まれ。春日井建に師事。歌集に『黒耀宮』(ながらみ書房出版賞)、『空庭』、『蓮喰ひ人の日記』(前川佐美雄賞)。未来短歌会選者、読売歌壇選者。富山市の願念寺住職。

上記内容は本書刊行時のものです。