版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
英雄のように未来を生きる 吉永英未(著/文) - 耕文社
.

英雄のように未来を生きる 復旦大学留学日記

発行:耕文社
四六判
縦127mm 横188mm 厚さ9mm
118ページ
並製
価格 1,000円+税
ISBN
978-4-86377-054-6
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年6月30日
書店発売日
登録日
2019年6月20日
最終更新日
2019年6月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

平和学を志し、鹿児島から上海の大学院に留学。厳しい研究指導のもと、挫折を繰り返すも必死に食らいつていく。寮生活、辺境の農村での教育活動、学友らとの語らいや葛藤の日々を日記形式で綴る。

目次

はじめに
1 留学生活の始まり
2 私の母
3 かけがえのない友
4 私達の夏──支教
5 南京大学で学ぶ平和学
6 努力の花
7 東南アジア平和之旅
8 流れる時間と思い出になる日
9 卒業のとき
補論 学部四年間を振り返って
おわりに

【推薦のことば】
英未さんの『復旦大学留学日記』の刊行に寄せて──アジアの希望の星となれ! 木村 朗
人の心に平和のとりでを築いて 康上賢淑
英未の「平和学」について 大石慶二

前書きなど

時々中国、中国人嫌いの人に出会う。そういう人に限って、中国に行ったことはほとんどなかったりする。
今の中国のことを何も知らないで、過去の歴史も正しく学ばないで、中国、中国人は嫌いだという。
とてももったいないことだ。私はそういう方々にこそ是非この本を手に取ってみて頂きたいと思う。
著者の吉永英未さんは上海の大学で学びながら、多くの中国の友人たちの優しさと誠実さに接して涙する。
愛には国境はないのだ。この本を通じて、普通の中国人の、日本人に対する尊敬や親切な心に触れてほしい。
そして、もっと多くの若者たちが海外に飛び出して、世界をこのような目で見ていくことを切に期待したい。
―――鳩山友紀夫

著者プロフィール

吉永英未  (ヨシナガ エミ)  (著/文

2014年3月  鹿児島国際大学国際文化学部言語コミュニケーション学科卒業
2017年6月  中国復旦大学大学院卒業(歴史学 修士)

上記内容は本書刊行時のものです。