版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
中国・北朝鮮脅威論を超えて 進藤 榮一(編著) - 耕文社
.
詳細画像 0

中国・北朝鮮脅威論を超えて 東アジア不戦共同体の構築

発行:耕文社
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ28mm
320ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-86377-050-8
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2017年10月
書店発売日
登録日
2017年10月8日
最終更新日
2017年11月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

中国・北朝鮮敵視外交から、対話重視と信頼醸成の外交に向かうには? 沖縄を軍事の要から平和の要に転化し、東アジア不戦共同体を築くには? 緊張高まる東アジア情勢の中、第一線の論者が答える。

目次

はじめに(木村朗)
序言 東アジア不戦共同体と沖縄──中国・北朝鮮脅威論の虚妄性を超えて(鳩山友紀夫)
序章 中国・北朝鮮〝脅威〟論を検証する(進藤榮一)
【第1部 台頭する中国脅威論と東アジアの平和】
1 ベトナム戦争の21世紀への教訓──知られざる中国の「参戦」と今日的な示唆(朱建榮)
2 「敵」はこうして作られる──尖閣に見る中国脅威論の捏造(岡田充)
3 中国脅威論で自縄自縛に陥った日本──アベノミクスの破産が疑心暗鬼を生む(矢吹晋)
4 中国の国連平和維持活動──「国際の平和及び安全の維持」は脅威か(加治宏基)
【第2部 切迫する北朝鮮問題と東アジアの平和】
1 安倍政権の対北敵視政策がもたらす悪夢──「朝鮮戦争」から何を学ぶか(前田哲男)
2 米国の対北朝鮮核攻撃計画──ICBM実験に端を発した危機の根本要因とは何か(成澤宗男)
3 南北朝鮮の和解と統一を阻むもの──アメリカの覇権主義と追随者たち(纐纈厚)
4 李明博・朴槿恵政府における「従北」レッテル貼りと「排除の政治」(李昤京)
【第3部 激動する東アジア情勢の中での沖縄】
1 沖縄問題と日本の安全保障(屋良朝博)
2 沖縄と「本土」を考える──「基地引き取り」の課題と可能性(渡辺豪)
3 生き続ける悪夢の日米合意(高嶺朝太)
4 朝鮮半島危機と沖縄基地問題への一考察──歴史の教訓・分断体制論・自治体平和政策の視点から(金成浩)
5 アジア独立運動における琉球人の主体的役割とその意味──新垣弓太郎、蔡璋(喜友名嗣正)を中心にして(松島泰勝)
終章 アジア版NATOではなく東アジア不戦共同体を目指せ──中国・北朝鮮脅威論を超えて(木村朗)
おわりに(進藤榮一)

著者プロフィール

進藤 榮一  (シンドウ エイイチ)  (編著

一九三九年北海道生まれ。京都大学法学部卒、同大学院博士課程修了。鹿児島大助教授、プリンストン大、ハーバード大、オックスフォード大、ジョンズホプキンズ大、フェロー等を歴任。筑波大学名誉教授、国際アジア共同体学会会長、一般社団法人アジア連合大学院機構理事長、国連NGO DEVNET東京・理事。著書に『アメリカ帝国の終焉―勃興するアジアと多極化する世界』(講談社)、『アジア力の世紀』、『アメリカ黄昏の世紀』、『現代紛争の構造』、『分割された領土』(岩波書店)、『国際公共政策』(日本経済評論社)等多数。訳書に『巨龍・中国の新外交戦略』(柏書房)。最近編著に『東アジア連携の道をひらく― 脱炭素社会・エネルギー・食料』(花伝社)。

木村 朗  (キムラ アキラ)  (編著

一九五四年北九州市小倉生まれ。鹿児島大学教員、平和学専攻。東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会共同代表、日本平和学会理事。平和問題ゼミナール主宰。インターネット新聞NPJに論評「時代の奔流を見据えて」を連載中。主な著作は、単著『危機の時代の平和学』(法律文化社)、共著『広島・長崎への原爆投下再考―日米の視点』(法律文化社)、『21世紀のグローバル・ファシズム―侵略戦争と暗黒社会を許さないために―』(耕文社)、『沖縄自立と東アジア共同体』(花伝社)、『核の戦後史―Q&Aで学ぶ原爆・原発・被爆の真実』(創元社)、『沖縄謀叛』(かもがわ出版)、など。

上記内容は本書刊行時のものです。