版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
女學生たちのプレーボール 竹内通夫(著/文) - あるむ
..
詳細画像 0

女學生たちのプレーボール 戦前期わが国女子野球小史

発行:あるむ
四六判
200ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784863331709
Cコード
C0075
一般 単行本 体育・スポーツ
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年2月20日
書店発売日
登録日
2021年2月5日
最終更新日
2021年2月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

東海地区初の大学女子野球チーム創設者であり「現代の女学生たち」の野球を見てきた著者。希少な資料・証言を整理することで見えてきたのは、時代に翻弄されながらも白球を追う「戦前の女學生たち」の姿であった。
第二章では戦前の野球青年正岡子規を柱に、訳語「野球」誕生の背景にも迫る。
『ベース、ボール程愉快にみちたる戦争は他になかるべし』

目次

 まえがき
第Ⅰ部 戦前期わが国における女子野球小史
 一 はじめに
 二 明治期における女子野球
 三 大正期における女子野球(Ⅰ)
 四 大正期における女子野球(Ⅱ)
 五 付論 戦後の女子野球──第二次世界大戦後から現代まで
第Ⅱ部 子規とベースボール──「ベースボール」から「野球」へ
 一 はじめに──「子規の野球殿堂入り」
 二 文明開化における「ベースボール」
 三 「ベースボール」の訳語「野球」について──外来文化の「日本化」
 四 「バット一本球一個を生命の如くに思い居り」(子規)
 五 「ベースボール」の日本化
 六 おわりに
付論1 回想の長谷川良平投手(元広島カープ)
付論2 「日本の女子野球」Japanese Women’s Baseball(英文)
 「あとがき」にかえて

著者プロフィール

竹内通夫  (タケウチミチオ)  (著/文

1939年愛知県名古屋市生まれ。金城学院大学名誉教授。教育学博士。
東海地区初の大学女子野球チーム「金城リリーズ」を結成。十五年間にわたり、部長、監督、コーチを兼任。
著書に『現代幼児教育論史』(風媒者、1981、日本保育学会賞)、『幼児の発達と環境』(高文堂、1988)、『戦後幼児教育問題史』(風媒者、2011)、『ピアジェの構成主義と教育』(あるむ、2015)など。

上記内容は本書刊行時のものです。