版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
アジア経済はどこに向かうか 末廣 昭(著/文) - 弦書房
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 地方小
直接取引: なし
返品の考え方: 地方・小出版流通センターの了承が必要です

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784863292512

アジア経済はどこに向かうか (アジアケイザイ ハ ドコニムカウカ) コロナ危機と米中対立の中で (コロナキキトベイチュウタイリツノナカデ)

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:弦書房
A5判
80ページ
並製
価格 800円+税
ISBN
978-4-86329-251-2   COPY
ISBN 13
9784863292512   COPY
ISBN 10h
4-86329-251-1   COPY
ISBN 10
4863292511   COPY
出版者記号
86329   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年8月15日
書店発売日
登録日
2022年7月5日
最終更新日
2022年8月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

アジアの経済はコロナ禍によりどのような影響をうけたのか――。
行き過ぎたグローバル化の後にくるものは――。
中国の経済成長はこれからも続くのか――。
一帯一路政策など中国がこれまでまいてきた種に、コロナ禍を経てワクチン外交も加わった。
いま、中国はアジアの国々でどうとらえられているのか。米国との対立はどう変わったのか。日本はこの変化についていけるのか。二人の研究者がアジア経済の最先端を見すえ、今日と明日を展望する。

目次

●新型コロナ禍のアジア経済と今後の展望
末廣 昭
I 新型コロナの現状――世界とアジア諸国
II 中国のワクチン外交と「一帯一路イニシアティブ」
III アジア通貨危機とコロナ禍
IV 「アジア経済4.0」――コロナ禍後の世界を展望する


●中国経済の変貌と危機 ――デジタル化、米中対立、新型コロナ
伊藤亜聖
I はじめに
II なぜ高度成長できたのか?
III 中国は世界をどう変えるのか?
IV おわりに


●アジア経済は変化するのかーー質問に答えて

著者プロフィール

末廣 昭  (スエヒロ アキラ)  (著/文

末廣 昭(すえひろ・あきら)
一九五一年鳥取県生まれ。東京大学名誉教授、福岡アジア文化賞学術研究賞受賞者(二〇一八)。専門は開発経済学、アジア経済論。東京大学大学院経済学研究科修了。
主な著書:『コロナ以降の東アジア』(共著、二〇二〇)『世界歴史体系 タイ史』(共著、二〇二〇)『東アジアの社会変動』(共著、二〇一七)『新興アジア経済論―キャッチアップを超えて―』(二〇一四)『タイ 中進国の模索』(二〇〇九)『キャッチアップ型工業化論―アジア経済の軌跡と展望』(二〇〇〇)

伊藤 亜聖  (イトウ アセイ)  (著/文

伊藤亜聖(いとう・あせい)
一九八四年東京都生まれ。東京大学社会科学研究所准教授。専門は中国経済論、アジア経済論。慶應義塾大学経済学研究科博士課程修了。
主な著書:『デジタル化する新興国』(二〇二〇)、『プロトタイプシティ―深圳と世界的イノベーション』(共著、二〇二〇)『現代中国の産業集積―「世界の工場」とボトムアップ型経済発展―』(二〇一五)『現代アジア経済論―「アジアの世紀」を学ぶ』(共著、二〇一八

上記内容は本書刊行時のものです。