版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ボランティアと有償ボランティア 安立清史(著) - 弦書房
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 地方小
直接取引: なし
返品の考え方: 地方・小出版流通センターの了承が必要です

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784863292390

ボランティアと有償ボランティア

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:弦書房
四六判
上製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-86329-239-0   COPY
ISBN 13
9784863292390   COPY
ISBN 10h
4-86329-239-2   COPY
ISBN 10
4863292392   COPY
出版者記号
86329   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年1月31日
書店発売日
登録日
2022年1月5日
最終更新日
2022年2月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-02-19 西日本新聞  
評者: 上野千鶴子・社会学者
MORE
LESS

紹介

無償のボランティアと有償のボランティアは矛盾しているのでしょうか。ボランティア活動に生きがいを見つけて、長くその活動を続けたいと考える人たちにとって、「ボランティア」概念の拡大が必要だと考えるところから、本書はまとめられています。個人や非営利団体が継続的に活動を続けるためには、どういう枠組みを作ればよいのでしょうか。「労働」観、「仕事」観が崩れていく時代で、まったく新しいボランティアの見方を描こうという試みです。〈有償ボランティア〉という概念はなぜ必要なのでしょうか。

目次

第一章 ボランティアと有償ボランティア──何が問われているのか
第二章 「有償ボランティア」は矛盾か──流山裁判をめぐって
    《コラム》アメリカの病院ボランティア・システム
第三章 ボランティアに突き刺さった二つの棘──パターナリズムと功利主義
  《コラム》「ボランティア拒否宣言」について
第四章 「労働・仕事・活動」そして「天職」
終章 これからの世界へ向けて
あとがき──二つの中心をもつ楕円

著者プロフィール

安立清史  (アダチ キヨシ)  (

1957年、群馬県生まれ。九州大学・大学院人間環境学研究院・共生社会学講座・教授。専門は、福祉社会学、ボランティア・NPO論。著書に、『福祉NPOの社会学』(東京大学出版会、2008)、『介護系NPOの最前線-全国トップ16の実像』(共著、ミネルヴァ書房、2003)、『ニューエイジング: 日米の挑戦と課題』(共著、九州大学出版会、2001)、『高齢者NPOが社会を変える』(共著、岩波書店、2000)、『市民福祉の社会学――高齢化・福祉改革・NPO』(ハーベスト社、1998)、『超高齢社会の乗り越え方』『21世紀の〈想像の共同体〉』(以上、弦書房)など。

上記内容は本書刊行時のものです。