版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
川原慶賀の「日本」画帳 下妻みどり(著) - 弦書房
.
詳細画像 0

川原慶賀の「日本」画帳 シーボルトの絵師が描く歳時記

発行:弦書房
A5変型判
縦148mm 横210mm 厚さ16mm
256ページ
筒箱入縦置可
定価 2,700円+税
ISBN
978-4-86329-136-2
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年6月
書店発売日
登録日
2016年5月25日
最終更新日
2016年6月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2016-08-21 毎日新聞  朝刊
2016-08-21 朝日新聞  朝刊
評者: 蜂飼耳(詩人、作家)
2016-08-19 週刊読書人
評者: 山下柚実=作家
2016-07-31 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 神崎宣武(民族学者)
2016-07-03 読売新聞  朝刊

重版情報

2刷 出来予定日: 2016-12-09

紹介

シーボルトの絵師の眼で、1800年代のNIPPONを視る! あの〈踏絵〉を描いた川原慶賀の画期的画文集。〈シーボルトのカメラ〉と称される長崎出島出入絵師・川原慶賀(1786年頃~1860年頃)による記録画が語る江戸庶民の日常。
川原慶賀の作品は、そのほとんどが海外にあり、見る機会が少なく、過去2回の「川原慶賀展」の図録があるが、一般の作品集は存在しない。本書は、シーボルトコレクションの多くを所蔵するオランダ・ライデン国立民族学博物館などの協力により、慶賀作品200点余と関連図版・写真150点を収録。
オランダ商館医シーボルト(1796~1866)が、日本の風物と日本人について、情報収集の目的で、その専属絵師・川原慶賀に描かせた絵を歳時記を軸に編集。江戸時代の人々の暮らし、産業、職人の仕事などが目でみてわかりやすく描かれている。さらに、同時代に書かれた野口文龍(地役人、国学者)による『長崎歳時記』の文章を、慶賀の絵と組み合わせるとこで、絵の意味と時代背景がより鮮明に浮かび上がるように構成。【カラー116頁】

著者プロフィール

下妻みどり  (シモツマ ミドリ)  (

1970年生まれ。熊本大学(民俗学)卒。ライター。ディレクターとして取材した「太鼓山の夏~コッコデショの131日」(NBC長崎放送)で民間放送連盟賞を受賞。著書に「長崎よりみち散歩」(ながさきプレス刊)、「長崎迷宮旅暦」「長崎おいしい歳時記」(書肆侃侃房刊)。

上記内容は本書刊行時のものです。