版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
コーポレート・エクスプローラー アンドリュー・J・M・ビンズ(著/文) - 英治出版
..
【利用不可】

コーポレート・エクスプローラー (コーポレートエクスプローラー) 新規事業の探索と組織変革をリードし、「両利きの経営」を実現する4つの原則 (シンキジギョウノタンサクトソシキヘンカクヲリードシリョウキキノケイエイヲジツゲンスルヨッツノゲンソク)

ビジネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:英治出版
A5判
304ページ
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-86276-329-7   COPY
ISBN 13
9784862763297   COPY
ISBN 10h
4-86276-329-4   COPY
ISBN 10
4862763294   COPY
出版者記号
86276   COPY
Cコード
C0034  
0:一般 0:単行本 34:経営
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年2月3日
書店発売日
登録日
2022年12月10日
最終更新日
2024年1月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

大企業にしかできないイノベーションの起こし方
なぜGEは失敗し、IBMは成功したのか?
鍵は相異なるベクトルを両立し、社内を動かすリーダーだった。
起業家とも異なるCEという存在と、その活躍に必要な条件を
世界的経営学者と実践家が体系化。

「両利きの経営」、待望の実践書!

目次

Part1 戦略的抱負
1 社内イノベーションの利点
2 新規事業はCEが動かす
3 戦略的抱負の条件
Part2 イノベーションの原則
4 着想―新規事業のアイデアを出す
5 育成―検証を通して学ぶ
6 量産化―新規事業のための資産を集める
Part3 両利きの組織
7 探索事業部
8 探索事業システム
9 CEのリスクと報酬
Part4 探索事業のリーダーシップ
10 探索事業を妨げる「サイレントキラー」
11 二重らせん―イノベーションと組織変革を「両立する」リーダー
12 行動する覚悟―新規事業の量産化を決断するリーダー

著者プロフィール

アンドリュー・J・M・ビンズ  (アンドリュージェイエムビンズ)  (著/文

ボストンを拠点とするコンサルティング会社チェンジ・ロジックの共同創業者。マッキンゼーやIBMなどで25年にわたりコンサルタントとして活躍。企業やビジネススクールなどでの講演も多数。

チャールズ・A・オライリー  (チャールズエイオライリー)  (著/文

スタンフォード大学経営大学院教授(The Frank E. Buck Professor of Management)。チェンジ・ロジックの共同創業者。主な著書に『両利きの経営』(東洋経済新報社)などがある。論文も数多く執筆し、『カリフォルニア・マネジメント・レビュー』誌の年間最優秀論文に三度選ばれた。

マイケル・L・タッシュマン  (マイケルエルタッシュマン)  (著/文

ハーバード・ビジネススクール教授(Baker Foundation Professorなど)。チェンジ・ロジックの共同創業者。主な著書に『両利きの経営』などがある。コロンビア大学経営大学院、マサチューセッツ工科大学(MIT)、フランスの欧州経営大学院(INSEAD)などで教鞭をとってきた。

加藤今日子  (カトウキョウコ)  (翻訳

翻訳者。愛知県立大学外国語学部英米学科卒。主な訳書に『ベゾス・レター――アマゾンに学ぶ14カ条の成長原則』(すばる舎)、『マグネティック・マーケティング――新規顧客を引き寄せて離さない集客システム』、『Google広告「超」集客術――世界最大のインターネット広告で新規客を集める方法』、『ストーリー説得術――人を動かす5つの実践ステップ』(いずれもダイレクト出版)などがある。
【ウェブサイト】Ksほんやく工房(https://kyokokato-trans.com/)

加藤雅則  (カトウマサノリ)  (解説

(株)アクション・デザイン代表取締役、IESE(イエセ)客員教授。
2000年以来、上場企業を中心とした人材開発・組織開発に従事する。経営陣に対するエグゼクティブ・コーチングを起点とした対話型組織開発を得意とする。「両利きの経営」の提唱者であるオライリー教授(スタンフォード大学経営大学院)の日本における共同研究者であり、オライリー教授が会長を務めるコンサルティング会社チェンジ・ロジック社の東京駐在を兼務する。大手企業を中心に、人材育成・組織開発・後継者育成に関するアドバイザーを多数務める。

上記内容は本書刊行時のものです。