版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
国際学への扉 鹿島 正裕(編集) - 風行社
..

国際学への扉 三訂版 異文化との共生に向けて

発行:風行社
A5判
226ページ
定価 2,400円+税
ISBN
9784862581297
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年7月
書店発売日
登録日
2020年6月26日
最終更新日
2020年6月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

国際社会の一員として異文化としなやかに共生する道を探ることを目的とする『国際学』を、これから学ぼうとする人びとに向けて、その魅力的な諸テーマについて14人の研究者が分かり易く説く入門書。

目次

序文(鹿島正裕・倉田徹)
改訂版へのはしがき(鹿島正裕・倉田徹)
三訂版へのはしがき(古畑徹)
第Ⅰ部 国際学の方法・国際学の課題
第1章 国際関係論(鹿島正裕)
 1.国際関係論の登場
 2.ネオ・リアリスト理論の成立
 3.多様な対抗理論
 4.世界と日本での研究の現状
第2章 国際経済(加藤篤行)
 1.国際学と経済
 2.グローバル化の下で世界は豊かになってきたのか?
 3.国際的な経済問題の解決に向けて
第3章 地域研究と異文化理解(倉田 徹)
 1.地域研究とは何か
 2.地域研究はなぜ必要か
 3.地域研究の難しさ
 4.地域研究の最終目的──異文化理解

第4章 複言語主義的教育の現代的意義──外国語を楽しむ(粕谷雄一)
 1.第二、第三の外国語を学ぶ楽しさ
 2.英語の難しさの克服と複言語主義
 3.複言語主義と多言語主義
 4.AIに代替できないもの
 5.観光と「おもてなし」
 6.外国語を「人間」が教えるということ
 7.学問における外国語
 8.意味について
 9.外国語教育と世界の言語の実勢について
 10.語学のクラス
第5章 平和と開発──国際社会の最重要課題(鹿島正裕)
 はじめに
 1.平和
 2.開発
 おわりに
第6章 国際学と地理・歴史──地図のよみかた・歴史のみかた(古畑 徹)
 はじめに
 1.まっすぐな国境
 2.地図に描かれる立場性
 3.地図の向きを変えると世界の姿も変わる
 4.歴史の争奪
 おわりに──「『鳥島』は入っているか」
第Ⅱ部 地域研究・異文化理解
第7章 東アジアの相互理解(倉田 徹)
 はじめに
 1.東アジア・アイデンティティの脆弱性の原因
 2.東アジア・アイデンティティをいかに構築するか
 3.「東アジア文化」は構築できるか?
 おわりに
第8章 近現代東アジアにおける政治・経済の動向と地域統合(弁納才一)
 はじめに
 1.東アジア共同体
 2.帝国と国民国家
 3.東アジアにおける政治・軍事的対立の歴史
 4.近代アジアにおける経済関係の深化
 5.東アジアの経済発展
 おわりに
第9章 アヘンと華人排斥運動(古泉達矢)
 はじめに
 1.近代世界とアヘン
 2.華人排斥運動の拡がり
 おわりに
第10章 アメリカ人とは何か──二人のヨーロッパ人が見たアメリカ(山口善成)
 はじめに
 1.アレクシス・ド・トクヴィル『アメリカの民主主義』
 2.J・ヘクター・セント・ジョン・ド・クレヴクール『アメリカの農夫の手紙』
 3.パノラミックな視点と細部への執着
 おわりに──クレヴクールはなぜアメリカ人になれなかったのか
第11章 内側から語る──『おしりに口づけを』における西洋性への挑戦(山本 卓)
 はじめに
 1.太平洋文学と『おしりに口づけを』
 2.太平洋の歴史とオリエンタリズム
 3.『おしりに口づけを』における西洋的視点の拒絶
 4.おケツの意味
 おわりに
第12章 イタリアの小さな街のルネサンス──トスカナの隠れ里ピストイアの事例から(石黒盛久)
 1.トスカナの〈隠れ里〉ピストイア
 2.ドゥオーモ広場
 3.市庁舎・法務院・洗礼堂
 4.ルネサンス期のピストイア
 5.自治都市ピストイアの終焉
第13章 「鎖国」の再検討──江戸時代の日本は閉ざされていたのか?(上田長生)
はじめに
 1.「鎖国」像とその転換
 2.近世日本の「四つの口」
 3.「鎖国」像の形成
 おわりに──「鎖国」か?「海禁」か?
第14章 江戸幕府に於ける異文化接触(清水邦彦)
 はじめに
 1.ペリー来航に対する準備
 2.ペリーはなぜ成功したのか?
 3.饗応外交の成否
 4.日米和親条約に於ける誤訳
 おわりに
第15章 日本語から始める異文化理解(大江元貴)
 はじめに
 1.日本語について他言語と比べながら考える
 2.日本語内部の多様性や歴史的背景に目を向ける
 3.異文化理解への展開
 おわりに
第16章 日本語教育から見た日本の国際化──新しい時代を切り拓くために(深澤のぞみ)
 はじめに
 1.日本語を学ぶ人々
 2.第二言語としての日本語教育
 3.継承語としての日本語教育
 4.外国語としての日本語教育
 おわりに
国際学学習のための推薦図書

著者プロフィール

鹿島 正裕  (カシマ マサヒロ)  (編集

1948年生まれ
1971年 東京大学教養学部教養学科卒業
1979年 東京大学大学院社会学研究科博士課程満期退学
1980-1982年 カイロ大学文学部日本語・日本文学科客員助教授
1982-2008年 金沢大学法学部専任講師、助教授、教授
2003年 東京大学大学院総合文化研究科より学術博士号を授与される
2008-2013年 金沢大学人間社会学域国際学類教授(2008-2012年 学類長)
2014-2018年 放送大学特任教授
現在 金沢大学名誉教授・非常勤講師

倉田 徹  (クラタ トオル)  (編集

1975年生まれ
1998年 東京大学教養学部教養学科卒業
2003-2006年 在香港日本国総領事館専門調査員
2008年 東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程修了(博士(学術))
2008-2013年 金沢大学人間社会学域国際学類准教授
2013-2017年 立教大学法学部准教授
2017年- 立教大学法学部教授 

古畑 徹  (フルハタ トオル)  (編集

1958年生まれ
1981年 東北大学文学部史学科卒業
1987年 東北大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学
1987-1990年 東北大学文学部助手
1990-1996年 金沢大学教養部助教授
1996-2008年 金沢大学文学部助教授、教授
2008年- 金沢大学人間社会学域国際学類教授(2020年- 学類長)

旧版ISBN
9784862580689
上記内容は本書刊行時のものです。