版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
高岡式 超最強の疲労回復法 高岡英夫(著/文) - カンゼン
..

高岡式 超最強の疲労回復法

発行:カンゼン
A5判
272ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784862555595
Cコード
C0075
一般 単行本 体育・スポーツ
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年4月14日
最終更新日
2020年4月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

運動科学の第一人者が実践・提唱する「真の回復」
疲労解消とともに史上最大の高能力を手に入れよ!

運動科学の第一人者が、過去100年の全スポーツ史において数人しか存在しない
人類史上最高の超スーパーアスリート=ボルト、ジョーダン、メッシ等の能力メカニズムから導き出したアイデアを
応用して編み出した史上最強の疲労回復&高能力化メソッド“超最強高能力疲労回復法”。

超スーパーアスリートの最高状態のメカニズムの根底は、身体を最も自由に矛盾なく使いこなす“脳の運用システム”だった!
その“脳の運用システム”を極めて簡潔かつ快適に夢を持って習得するための工夫がこらされた高岡英夫待望の最新刊!

一般のビジネスパーソンやスポーツ選手がこの方法を取り入れれば疲労を極めて効率的に取り除けるだけでなく、
続けていくと一直線にエスカレーターで登るように高能力化していける!
疲労回復とともに史上最大の高能力を手に入れよ!!


ダラ~とだらしなくやると最高に効きます
全身はもちろん、疲労した部位を狙い撃ちできます
やり続けることが大事、どんどん元気になります

あなたは疲労をどこまで回復させようと思っていますか。
ほとんどの方が、「疲れていない状態になればいい」と考えているのではないでしょうか。
具体的には、「普通に元気でまずまずスムーズに仕事や練習、トレーニングができる状態」を想定した方が多いはずです。

この状態は、疲労回復レベルでいえば「ゼロレベル」だと私は考えています。疲労度がプラスマイナス・ゼロというのは普通に元気な状態を指します。
つまり、とくに疲労感がなく、仕事も普通にできる状態。スポーツや運動も普通にこなせる。プロのスポーツ選手であれば、
その選手にとっての平均的なパフォーマンスが発揮できるような状態。これを疲労回復におけるゼロレベルととらえるわけです。

私の考える疲労回復とは、疲労度がマイナスで、疲れているという自覚がある人を、卓抜した方法群を用意して、
意図も鮮やかに疲労度ゼロまでリカバリーするのはもちろんのこと、その先まで見据えたものなのです。

実は、疲労が原因で入院しているようなところから、スポーツで世界記録を更新するような段階まで、
一直線に同じ方法論でもって、全部カバーしようとするのが、本書で紹介する超最強高能力疲労回復法なのです。

【目次】
第1章 あなたは知っていますか 疲労こそ最強高能力をモノにする人生最大の贈り物だ! !

Q1 あなたは疲労をどこまで回復させようと思っていますか?
Q2 どこのどんな疲労を回復させるのか
Q3-1 どんな方法で解決させるのか1
Q3-2 どんな方法で解決させるのか2
Q4-1 最強高能力をモノにして生きるには
Q4-2 疲労回復高能力化現象とは

第2章 超最強高能力疲労回復法の方法論
第3章 呼吸法による超最強高能力疲労回復法
第4章 史上最大に高能力化する脳の疲労回復法

著者プロフィール

高岡英夫  (タカオカヒデオ)  (著/文

運動科学者、高度能力学者、「ゆる」開発者。運動科学総合研究所所長、NPO法人日本ゆる協会理事長。
東京大学卒業後、同大学院教育学研究科を修了。東大大学院時代に西洋科学と東洋哲学を統合した「運動科学」を創始し、
人間の高度能力と身体意識の研究にたずさわる。オリンピック選手、企業経営者、芸術家などを指導しながら、
年齢・性別を問わず幅広い人々の身体・脳機能を高める「ゆる体操」をはじめ「身体意識開発法」「総合呼吸法」
「ゆるケアサイズ」など、多くの「YURUPRACTICE(ゆるプラクティス)」を開発。多くの人々に支持されている。

東日本大震災後は復興支援のため、ゆる体操プロジェクトを指揮し、自らも被災地で指導に取り組む。
著書は、『肩甲骨が立てば、パフォーマンスは上がる! 』(小社)、『究極の身体』(講談社)、
『日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55』(KADOKAWA)、『脳と体の疲れを取って健康になる決定版 ゆる体操』
(PHP研究所)など、100冊を超える。

上記内容は本書刊行時のものです。