版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
住宅改修アセスメントのすべて[改訂版] 加島 守(著/文) - 三和書籍
.

住宅改修アセスメントのすべて[改訂版]

発行:三和書籍
A4判
価格 2,600円+税
ISBN
978-4-86251-410-3
Cコード
C3052
専門 単行本 建築
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年5月19日
最終更新日
2020年6月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

介護保険を利用して住宅改修費の給付を受けるのに必要な「理由書」の書き方から、「理由書」を使用した住宅改修アセスメントの方法まで、住宅改修に必要な知識を詳細に解説!豊富な改修事例写真、「理由書」フォーマット記入例など、介護住宅づくりにすぐ役立つ情報が満載。

目次

第1章 介護保険制度を利用した福祉用具と住宅改修の手続き
 介護保険サービスを受けるには/要介護認定/福祉用具に関するサービス/居宅介護福祉用具貸与および 介護予 防福祉用具貸与、特定福祉用具販売および特定介護予防福祉用具販売/住宅改修費給付サービス /居宅介護住宅 改修費、介護予防住宅改修費/住宅改修費の支給申請の流れ/住宅改修費事前申請に必 要な書類/確認・発注・ 施工・完成 事後申請に必要な書類/改修の種類

 介護サービス関係住宅改修 Q&A

第2章 住宅改修とは
 住宅改修の目的/自立とは/生活の範囲を拡げよう/生活障害と捉えること/住宅改修とは/住宅改修の 方法/ 住宅改修の視点と流れ/高齢者対応住宅と住宅改修の違い

第3章 住宅改修におけるアセスメント
 住宅改修プランをつくるに当たって
  ニーズとディマンズ/ニーズのレベル/閉じこもりの定義/介護が必要になった原因/ICFと住環境  整備/ICF構成要素/生活の種類/ICF参考事例/生活動線の把握/身体機能の把握/総合的な判  断

第4章 住宅改修「理由書」の書き方・使い方
 「理由書」の必要性
  事前申請制度/「住宅改修が必要な理由書 フォーマットP1,P2」
 理由書作成の留意点
  「利用者の身体状況」/「介護状況」/「住宅改修により、利用者等は日常生活をどう変えたいか」/  「福祉用具の利用状況と住宅改修後の想定」/「①改善をしようとしている生活動作」/「② ①の具  体的な困難な状況」/「③改修目的・期待される効果・改修方針」/「④改修項目(改修箇所)」/実  際の理由書の書き方/理由書の利用方法

第5章 各場所における留意点
 各場所におけるアセスメント
 トイレ
  排泄動作/トイレまでの移動/トイレ内動作/トイレからの移動
 浴室
  入浴動作/浴室までの移動/脱衣室の出入り/脱衣/浴室への移動/すのこ/洗体(および洗髪)/浴  槽またぎ(浴槽の出入り)/浴槽内立ち座り/浮力の影響/フォローアップ
 玄関~門
  玄関における動作/玄関までの移動/上がり框の昇降/靴の着脱/施錠・開錠/門までの移動
 「その他」の場所
  居室改修における注意点/段差解消/洗面台/階段昇降機(介護保険外)/段差解消機

第6章 演習
 事例プロフィール
  病院内ADL/身体状況/住環境/介護状況/本人の希望/家族の希望(妻)/1F図面
 アセスメント
  「利用者の身体状況」記入例
  排泄動作についての確認/入浴動作についての確認/外出動作についての確認/「①改善をしようとし  ている生活動作」のチェックおよび、② ①の具体的な困難な状況」記入例
 方針
  「住宅改修により、利用者等は日常生活をどう変えたいか」記入例/「福祉用具の改修前の利用状況と  住宅改修後の想定」記入例/「③改修目的・期待される効果」のチェックと「改修方針」記入例/「④  改修項目(改修箇所)」記入例/「住宅改修が必要な理由書 A氏記入例P1,P2」

第7章 住宅改修Q&A
 Q1 手すりの設置をすすめるべき?
 Q2 高齢者の身体機能の特徴
 Q3 母の浴槽のまたぎが心配です
 Q4 バリアフリー住宅とはどういうもの
 Q5 住宅改修におけるケアマネジャーの役割
 Q6 住宅改修費用について
 Q7 退院時の住宅改修の注意点
 Q8 家庭内事故
 Q9 住宅改修と福祉用具の使い分け
 Q10 歩行器or住宅改修?
 Q11 手すりの機能
 Q12 段差はとるべき? 残すべき?
 Q13 立ち上がりの工夫

前書きなど

 介護保険制度が創設されたことにより、福祉用具のレンタルや住宅改修の制度を利用しやすくなることができました。しかし介護保険制度改正により、平成18年4月から住宅改修費の給付を受けるに当たり事前申請制度になりました。事前申請をするに当たり理由書作成委員会(介護保険制度下での住宅改修事業の質の向上に関する調査研究事業委員会)では、あくまでも今までトラブルを起こしていた内容、すなわち

「高額な改修費を請求された」
「介護保険制度を利用すれば全額戻ってくると言われたが、介護保険制度適用外であった」
「不必要な工事まで行われた」

などの問題に対して、申請前に予め工事内容を確認し、工事後のトラブルを少なくするためのものでした。

 さらに、今までケアマネジャーの方にとっては「住宅改修はわからない。」「住宅改修は苦手。」という方もいらっしゃるかもしれませんが、「理由書」を使用することにより、住宅改修の流れを理解しやすくすることができるようにという目的で作成されましたので、

 この理由書を使用して住宅改修をいかに効果的に利用していただくかという視点から、住宅改修とは何か、住宅改修を行う上で考慮しなければならないことは何か、などについて述べさせていただきたいと思います。

版元から一言

 これから介護のための住宅リフォームを予定している方はもちろん、ケアマネージャなどの専門職の方にも是非役立てていただきたい1冊です。

上記内容は本書刊行時のものです。