版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
十力の金剛石 宮沢 賢治(著) - 三和書籍
.
宮沢賢治大活字本シリーズ 5

十力の金剛石

発行:三和書籍
A5判
380ページ
並製
価格 3,500円+税
ISBN
978-4-86251-397-7
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年2月
書店発売日
登録日
2020年1月9日
最終更新日
2020年4月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 第5巻として「十力の金剛石(虹の絵具皿)」「めくらぶどうと虹」「烏の北斗七星」「双子の星」「猫の事務所」「やまなし」「気のいい火山弾」「雪渡り」「カイロ団長」の9作を大活字、読み仮名付きで収載している。「十力の金剛石(虹の絵具皿)」の「十力」とは? 「金剛石」とは何か? 「烏の北斗七星」とは何? など、タイトルから不思議なファンタジーでありながら、「烏の北斗七星」は戦争問題、「猫の事務所」は「いじめ」などが描かれ、内容は現代にも通じる考えさせられる内容となっている。また「やまなし」は教科書に掲載され、長年、教材として親しまれてきた作品である。

前書きなど

 『宮沢賢治大活字本 シリーズ全7巻』の刊行を予定しています。同シリーズは、宮沢賢治の物語を7つの虹色で、色分けしたシリーズとなっています。 分類は藍、紫、青、緑、黄、橙、赤の分類になっています。色にはそれぞれ意味があります。藍は銀河、紫は芸術、青は賢治ブルー、緑は自然、黄は光、橙は人生、赤は愛です。それぞれ『銀河鉄道の夜』『セロ弾きのゴーシュ』『風の又三郎』『注文の多い料理店』『十力の金剛石』『雨ニモマケズ』『春と修羅』に割り当てられています。 このような分け方をしたシリーズは本邦初です。 このように色に意味づけされた賢治大活字本シリーズは、全文ルビ付きのユニバーサル仕様ですので、公共図書館をはじめ小学、中学、高校の図書館、あるいは老人施設に最適かと思います。 これまでにない賢治ワールドが広がっていきます。 それぞれの巻には、法政大学教授王敏(ワン・ミン)先生の「ミニ解説」が入ります。王敏先生は、中国に宮沢賢治を紹介した人として非常に高名な方です。 ぜひこの機会に新しい宮沢賢治大活字本シリーズ揃えませんか?

版元から一言

「銀河鉄道の夜」「注文の多い料理店」「雨ニモマケズ」等、昔から語り継がれている名作の数々を全7巻に分けて収載。ユニバーサルデザイン仕様の大活字本、さらに全ページ読み仮名付きで、読みやすくなっています。

著者プロフィール

宮沢 賢治  (ミヤザワ ケンジ)  (

1896年、岩手県花巻生れ。盛岡高等農林学校卒。富商の長男。日蓮宗徒。1921年から5年間、花巻農学校教諭。中 学時代からの山野跋渉が、彼の文学の礎となった。教え子との交流を通じ岩手県農民の現実を知り、羅須地人協会を設立、農業技術指導、レコードコンサートの 開催など、農民の生活向上をめざし粉骨砕身するが、理想かなわぬまま過労で肺結核が悪化、最後の5年は病床で、作品の創作や改稿を行った。1933年没。

上記内容は本書刊行時のものです。