版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
改訂版 鍼灸師・エステティシャンのための よくわかる美容鍼灸 上田 隆勇(著) - 三和書籍
.

改訂版 鍼灸師・エステティシャンのための よくわかる美容鍼灸

発行:三和書籍
B5判
縦257mm 横182mm 厚さ14mm
248ページ
並製
価格 6,800円+税
ISBN
978-4-86251-388-5
Cコード
C3047
専門 単行本 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2019年6月24日
最終更新日
2019年9月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

近年広がりを見せる美容鍼灸。単なるエステと異なり、全身を調整(本治)しながら体の根本改善と肌の局所を改善(標治)して、体の中なら奇麗になるのが美容鍼灸。本書は、こうした考えの下にまとめられた一般財団法人日本美容鍼灸マッサージ協会の公式テキストの改訂版である。

目次

改訂にあたり……………………iii

美容鍼灸とは─概論
美容鍼灸の歴史……………………002
古代中国の不老長寿からみる美の知恵……………………002
精気神論 三宝とアンチエイジング……………………003
美容鍼灸の定義……………………006
美容鍼灸の基礎医学……………………007
血行改善……………………007
マイクロトラウマ・ポジティブトラウマ……………………008
美容鍼灸で期待できる効果……………………013
1. 顔への効果……………………013
2. 全身の効果……………………014
慎重に施術すべき対象と禁忌……………………015
しわ・たるみの基礎知識……………………019
しわ・たるみ……………………019
しわとは……………………019
たるみとは……………………021
たるみ発生のメカニズム……………………021
顔のしわ・たるみの発生要因
 ―上中顔面部・下顔面部―………………023
しわ・たるみに対する刺鍼基本方針……………………025
治療に必要な解剖学……………………026
顔面の筋肉……………………026
顔面の表情筋……………………030
顔面の動脈……………………032
顔面の静脈……………………033
顔面の神経……………………034
美容鍼灸とは─各論……………………035
施術に用いる物品……………………035
リスク管理・内出血対策に用いる道具……………………036
リスク管理・施術前・中・後に行う注意事項……………………038
コラム セミナー受講生の質問から……………………040
説明と同意書……………………041
上田式美容鍼灸?の治療手順……………………042
顔の見方……………………049

体─ The Body
美容鍼灸における全身治療……………………052
はじめに……………………052
なぜ古典治療、経絡治療なのか……………………053
上田式美容鍼灸における
経絡治療・奇経八脉の意義……………………055
顔は心、体、全身経路の状態を表す鏡……………………055
体の問題を3層にわけ治療する……………………056
経絡治療とは……………………058
本治法とは……………………059
六部定位脈診……………………059
証の決定と治療原則……………………061
奇経八脈……………………063
正経と奇経……………………063
奇経八脈の治療法……………………064
奇経の運用……………………065
奇経八脈の流注と概要……………………066
 1. 督脈……………………066
 2. 陽?脈……………………067
 3. 陽維脈……………………068
 4. 帯脈……………………069
 5. 任脈……………………070
 6. 陰?脈……………………071
 7. 陰維脈……………………072
 8. 衝脈……………………073
 9. 補足……………………074
付録:奇経の主治穴、主治証と診察点(表)……………………075
顔の悩みに対する特効穴―概論……………………077
はじめに……………………077
血虚・陰虚・陽虚・気虚……………………077
顔の悩みに対する特効穴―各論
~臨床上よくみる症状と全身治療穴~……………………081
神経性皮膚炎……………………081
アトピー性皮膚炎……………………081
ニキビ……………………082
しわ……………………082
たるみ……………………083
顔のむくみ……………………083
眼の下のくま、たるみ……………………084
赤ら顔……………………086
ハリの低下した肌……………………086
顔色不良……………………087
付録:顔の悩みと全身治療穴(表)……………………088

顔─ The Face
美容鍼灸(顔への刺鍼)の一般原則……………………090
コラム セミナー受講生の質問から……………………093
上田式筋バランステクニック……………………094
開発経緯と概要……………………094
治療の手順……………………096
上田式筋バランステクニック―各論……………………097
1. ほうれい線……………………097
2. 口角下端のたるみ……………………100
3. 笑いじわ……………………102
4. こけた頬……………………104
5. オトガイのしわ……………………106
6. ほうれい線上端のしわ……………………108
7. 上唇のしわ……………………110
8. 眼瞼下部から伸びるしわ……………………112
9. 下眼瞼のたるみ・しわ……………………114
10. カラスの足跡……………………117
11. 眼瞼下垂……………………120
12. 眉間・鼻根のしわ……………………122
13. 前額のしわ、たるみ……………………125
14. フェイスラインのたるみ(エラ)……………………128
ロイヤルリアクティブポイント?の定義……………………131
フェイスライン、二重アゴ―天容―……………………132
首のしわ、たるみ―強音―……………………134
美容鍼灸に用いる特殊手技
~安全管理、除痛手技について~……………………137
上田式無痛押手……………………137
しわに対するアプローチ……………………138
毫鍼しわ取りテクニック……………………139
上田式皮内鍼しわ取りテクニック―前額部・下眼瞼部から
伸びるしわ・目元のしわ・マリオネットライン― ……………………140
上田式アクネ鍼(ニキビへの皮内鍼)……………………143
アキュレッチ?(簡易版)……………………144
アキュレッチ?の目的……………………144
アキュレッチ?とは……………………144
タオルテクニック─ターバン─……………………146
経路小顔ストレッチ─アキュレッチ?施術手順……………………147
タオルテクニック─拭き取り─……………………165
翡翠ローラーテクニック……………………168
パック準備方法……………………170
ホームケアのアキュレッチ?
~『「顔ツボ」1分マッサージ』~ ……………………171
ほうれい線のホームケア……………………172
フェイスラインがぼんやり……………………173
エラのたるみ、二重アゴ……………………174
目もとがスッキリしない……………………175

心─ The Soul
顔は心と体を映し出す鏡……………………178
ストレスとスキントラブルの関係
─西洋医学的視点から─……………………179
陰陽五行ソウルコーチング?(五行ソウルコーチング?)
―問診するときの視点─……………………180
スキントラブルと臓腑・心理状態の関係─概論
~東洋医学的視点から~……………………183
臓腑の生理機能と心理状態……………………183
古典にみられる臓腑と心理の関係……………………184
スキントラブルと臓腑・心理状態の関係─各論
~東洋医学的視点から~……………………186
1. 顔と心、体の関係……………………186
2. 流注からみる……………………187
3. 顔の部位からみる……………………188
4. スキントラブルと臓腑、心理状態の関係……………………190
1.首元……………………190
2.フェイスライン……………………190
3.口唇・口元……………………190
4.人中の周囲……………………190
5.頬全体……………………190
6.右の頬……………………190
7.左の頬……………………190
8.鼻……………………191
9.目元……………………191
10.側頭部(こめかみ)……………………191
11.前額……………………191
12.前額部を3分割し、しわやニキビなどをみる……………………192
5. 症例……………………193
よく見るスキントラブルとその対処法……………………196
1. 皮膚の解剖学……………………196
2. よく見るスキントラブルと対処法……………………200
接触皮膚炎……………………200
アトピー性皮膚炎……………………202
3. 肌のトラブル―しみ・そばかす・肝斑・かさつき・
     くすみ・こじわ、たるみ、ニキビ―……………………204

症例(ケースワーク)……………………211

上田式美容鍼灸?導入事例
─認定治療院・認定美容鍼灸師─……………………220

終わりに……………………230

前書きなど

改訂にあたり
 平成27年に初版を出版し、4年が経過した。この間に国際美容鍼灸サミットが行われ、また国際美容鍼灸学会という将来研究発表が活発になるであろう団体が立ち上がり、毎年研究発表が行われている。
 国際美容鍼灸サミットでは、これまで本著で明示してきた美容鍼灸の定義がベースとなり、日、米、英の各国の代表が集まり美容鍼灸の定義が作成され採択された。またこれは平成30年に開催された国際美容鍼灸学会でも採択された。これらで採択された美容鍼灸の定義や、まだ草案であるが美容鍼灸ガイドラインも本著で紹介している。安全な美容鍼灸のためのガイドラインで、特に筋肉に対するアプ ローチの項は治療方針においても安全面でも非常に重要なポイントとなる。必ず心得ていて欲しい。
 また、今回のアップデートでは、本治法として使われる経絡治療と奇経八脈の意義を明確にした。これにより何を目的とし、どこに効かせるのかがより明確になったはずである。鍼灸をする時に、単に経穴を刺激するのではなく、治療全体の中で、その一穴、一穴がもたらす意味を意識して鍼灸をするのと、しないとでは治療効果も雲泥の差となる。一流を目指す読者はぜひこの点を理解するためにも新しく書き下ろした項目を熟読し、治療に当たっていただけたらと思う。
 美容鍼灸の定義や安全面でのガイドラインを丹田に落とし込み、どの目的でどんな効果をもたらそうとしているのか、ひとつひとつの鍼にある意味をしっかりと意識し治療に望み、体得していき、目の前のクライエントや将来のクライエントのために進化を続けていただけたらと願う。

版元から一言

 好評をいただいている公式テキストに、さらなる詳細な解説を加えた改訂版である。美容鍼灸を志す方には必須の本ですので、是非、お役立ていただきたい。

著者プロフィール

上田 隆勇  (ウエダ タカオ)  (

元救命病棟看護師。西洋医学の限界を感じ、鍼灸師となる。美容鍼の先進国、米国で学び、がん患者の体調と美しさを最期まで支える鍼灸師の存在に衝撃を受ける。その後、英国に渡り研究を重ね、日本特有の刺激の少ない鍼灸や経絡治療を融合したハリウッドスタイル上田式美容鍼灸を開発。美容鍼灸をきっかけにまずは来院してもらい予防医学で鍼灸院に通ってもらい、笑顔、元気を沢山作るをコンセプトに、延べ6000人以上に指導、認定美容鍼灸師を600人以上養成。導入する鍼灸院の集客、単価アップ、リピートアップに貢献している。現在、日本鍼灸復活のため業界の新しい基盤作りプロジェクトを進めている。雑誌TVメディア取材60件以上。著書:処女作『小顔になる!「顔ツボ」1分マッサージ』(王様文庫刊)3万5千部のヒット。その他、『美容鍼灸師が教える 5歳若返る「顔ツボ」1分マッサージ』(ぶんか社)『3日で実感 最強!リンパストレッチ ダイエット』(秀和システム)などがある。
一般財団法人 日本美容鍼灸マッサージ協会会長
美容鍼灸・自律神経調整専門サロン ブレア元町 院長

上記内容は本書刊行時のものです。