版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
吉野と大峰 森下 惠介(著) - 東方出版
.

吉野と大峰 山岳修験の考古学

発行:東方出版
A5判
縦216mm 横155mm
250ページ
上製
価格 3,800円+税
ISBN
978-4-86249-395-8
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年8月1日
書店発売日
登録日
2020年6月16日
最終更新日
2020年7月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

我が国山岳修験の根本道場、世界遺産にも登録される吉野大峰について
現地踏査・発掘調査の成果を明示し、信仰のベールに覆われた山々の歴
史と文化を考古学的に考察。「吉野・大峯への道」では、天王寺区清水
寺の標石など、大阪・奈良に現存する112の道標によって旧参詣路を復
元する。
口絵カラー4ページ。奥駈道の写真37点、地図・図版等37点収録。

目次

 はじめに―吉野と大峰
 
第Ⅰ部 大峰奥駈道と「宿」の遺跡
 第一章 大峰の信仰遺跡――「七十五靡」・「四十二宿」・「大峰宿」
 第二章 奥駈道と七十五靡(吉野~山上ヶ岳)
 第三章 奥駈道と七十五靡(山上ヶ岳~前鬼)
 第四章 奥駈道と七十五靡(前鬼~熊野)
 第五章 大峰における「宿」の遺跡
  一 「宿」と仏尊の「嶺」
  二 金峯の「宿」の遺跡
  三 大峰の「宿」の遺跡
  四 考古資料からみた金峯・大峯の「宿」
    大峰聖地伝承地対照表

第Ⅱ部 吉野大峰の遺跡と遺物
 第一章 「山岳寺院」の成立
  一 「山岳寺院」と「山林寺院」
  二 水源祭祀と「山地伽藍」
  三 「山岳寺院」とは
 第二章 金峯と大峰の遺跡と遺物
  一 金峯山上の遺跡と遺物
  二 大峰の宿の遺跡と遺物
  三 考古資料からみた金峯・大峰の信仰
 第三章 大峰山寺梵鐘考
  一 大峰山寺本堂の梵鐘とその銘文
  二 伝承と銘文追刻の意図
  三 金峯山上の梵鐘
 第四章 金峯山上の銭弘俶塔
  一 山上表採の銭弘俶塔
  二 十世紀の呉越国と日本
  三 十世紀の金峯山上とその後
 第五章 山岳遺跡の火打金
  一 火打金の出土
  二 古代の火打金
  三 火を起し、燃すこと

第Ⅲ部 大峯山の諸相
 第一章 「大峯山」と山麓の村々
  一 近世の大峯山
  二 山上登拝講と山上参り
  三 吉野道の峯中茶屋
  四 宿警固の村々
  五 物売りと道刈小屋
  六 立木伐採
  七 門跡入峯
 第二章 吉野・大峯への道――遺存道標からみた近世の参詣路
  一 吉野と大峯山への参詣路
  二 大坂、堺からの道
  三 大和国内の道
  四 京からの道
  五 道標と積善供養

  遺存する道標一覧

 あとがき

著者プロフィール

森下 惠介  (モリシタ ケイスケ)  (

1957年奈良県生まれ。立命館大学文学部史学科卒業。1979年より
奈良市教育委員会に勤務。大安寺旧境内や平城京跡の発掘に従事。
山と人との関わりを考古学的に明らかにする「山の考古学」、奈良
名所や観光史研究にも考古学的見地から取り組んでいる。元奈良市
埋蔵文化財調査センター所長。
現在、奈良県立橿原考古学研究所共同研究員。山の考古学研究会会
長、奈良山岳遺跡研究会代表。
編著書に『吉野 仙境の歴史』(共著、文英堂、2004)、『大安寺
の歴史を探る』(東方出版、2016)、『今昔 奈良名所』(奈良新聞
社、2016)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。