版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
永平寺の四季 落井 俊一(写真・文) - 東方出版
.
詳細画像 0 詳細画像 1

永平寺の四季 新版 落井俊一写真集

発行:東方出版
A4変型判
縦220mm 横210mm 厚さ9mm
重さ 500g
94ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-86249-391-0
Cコード
C0072
一般 単行本 写真・工芸
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年8月1日
書店発売日
登録日
2020年6月15日
最終更新日
2020年8月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

0000-00-00 しんぶん赤旗
0000-00-00 日本経済新聞  日経プラス1

紹介

道元禅師により1244年(寛元2年)に開かれた曹洞宗大本山・
永平寺。凛としたその伽藍や、三方を山に囲まれた周辺の四季
の移ろいなど、荘厳な禅の静けさをひしひしと伝えるオールカ
ラー87葉。巻末に由緒・年中行事・周辺地図を付す。
旧版刊行から16年を経て、2019年に仏殿や法堂など主要19棟
が重要文化財に指定され、新たにデジタル化・再編集して刊行。

目次

序文=小林昌道(永平寺監院)・前田征利(永平寺信徒総代)

写真

永平寺由緒
一般在家が参詣・参禅できる主な年中行事
永平寺周辺地図

前書きなど

 この度の出版は印刷技術のデジタル化で2004年に刊行した旧版での重版
が不可能となっていた。しかし16年の時を経て今もなお永平寺の印象はか
わらず、また、山門・仏殿・法塔など19棟の建物が、国の重要文化財の指
定を受けたこともあり、改編新版として刊行するに至った。
「あとがき」より

著者プロフィール

落井 俊一  (オチイ シュンイチ)  (写真・文

1949年福井県南条郡今庄町に生まれる。名城大学理工学部交通機械学科
卒業。’76年名古屋トヨペット(株)を退社し、今庄町に飲食店開店。’83
年写真店・フォトハウスノア開店。
’88年福井県芸術祭奨励賞受賞。’94年写真集『夜叉ケ池』出版。2004年
『永平寺の四季』、’08年『若狭古寺の四季』(以上、東方出版)。福井県
内外での個展多数。
日本風景写真協会(JNP)会長・日本写真家協会(JPS)会員・フォト禅顧問、
フォト釉主宰。
事務所=フォトハウス ノア 福井県南越前町湯尾。

上記内容は本書刊行時のものです。