版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
我が家に来た脱走兵 小山 帥人(著) - 東方出版
.

我が家に来た脱走兵 1968年のある日から

発行:東方出版
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ14mm
重さ 296g
204ページ
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-86249-384-2
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年2月15日
書店発売日
登録日
2019年12月16日
最終更新日
2020年1月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-06-27 信濃毎日新聞  朝刊
評者: 共同通信社配信分
2020-06-21 山梨日日新聞  朝刊
評者: 共同通信配信
2020-06-04 沖縄タイムス    朝刊
評者: 共同通信配信
2020-03-14 毎日新聞    夕刊  大阪本社
評者: 高尾 具成

紹介

1968年3月、ベトナム戦争に従軍していた米兵が我が家に来た。
彼は脱走兵のキャルだった。そして48年後アメリカで再会を果た
す。当時のベ平連やジャテックの活動等を含め、その間の事情や
再会までを描く。2016年に部落解放文学賞ノンフィクション部門
に入選した作品に大幅に手を加えまとめた。この物語は、戦争法
案が成立した今の日本の状況を照射している。

目次

第一章 早春の夕暮れ
 1 背の高い青年/2 ベトナム戦争/3 「イントレピッド4」/
 4 ベトナム戦争とメディア

第二章 我が家に来た脱走兵
 1 母の秘密メモ/2 キャルの脱走声明/3 我が家での討論/4 家
 族への想い/5 こっそり京都の繁華街へ/6 かくまった人たちは
 沈黙を守った

第三章 脱走期間のキャルの行動
 1 ベ平連との連絡/2 キャル、大阪に移動/3 脱走兵を預かった
 大阪の人たち/4 キャル、京都や大阪にかくまわれる/5 我が家
 に来たことの記述/6 奈良での生活/7 少女の日記/8 再び東京
 へ/9 根室から漁船に乗って脱出/10 ソ連船に乗り移る/11 モ
 スクワでの生活
 間奏曲 シャンソン「脱走兵」

第四章 脱走を伝えたメディア
 1 アメリカ:家族は死んだかと心配した/2 日本:犯罪扱いの新聞
 記事

第五章 キャルを探して
 1 脱走兵の映像の上映/2 キャルはどこにいるのか/3 キャルから
 の手紙/4 キャルとの電話

第六章  再会
 1 「オハヨー」と日本語で/2 キャルがたどった軌跡/3 スウェー
 デンでの恋/4 アメリカでの尋問/5 スウェーデンで銀行強盗/
 6 帰国後の生活/7 四八年前の嘘/8 キャルと会って/9 夕暮れの
 浜辺

著者プロフィール

小山 帥人  (コヤマ オサヒト)  (

1942年生まれ。京都・竹田育ち。1964年から2002年までNHK大阪放送局で
映像取材を担当し、人工呼吸器をつけて学校に通う少女『歩ちゃんと30人
の仲間たち』などのドキュメンタリーを企画、取材。
著書に『市民がメディアになるとき』(書肆クラルテ)、共編著『非営利
放送とは何か-市民が作るメディア』(ミネルヴァ書房)など。

上記内容は本書刊行時のものです。