版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
文楽芸談 竹澤 團七(著) - 東方出版
.

文楽芸談 三味線 竹澤團七 橋寿のつぶやき

発行:東方出版
四六判
縦188mm 横148mm 厚さ14mm
重さ 251g
206ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-86249-368-2
Cコード
C0074
一般 単行本 演劇・映画
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年8月8日
書店発売日
登録日
2019年7月4日
最終更新日
2019年7月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-09-29 毎日新聞  朝刊

紹介

文楽三味線の、粋で豊潤な芸談がここに。
18歳で三味線弾きの初舞台を踏んで60余年。84歳にして現役バリバリ
團七師匠の味わい深い語り口から湧き出る豊富な文楽の芸談。
太棹三味線を弾きながらの語りを「まるで三味線漫談だ」と評する人
もいるとか。

目次

■主要目次
 傀儡から文楽までのあゆみ

第1章:少年時代

第2章:文楽の道へ

第3章:修行は一生

第4章:地方巡業

第5章:師匠彌七のこと

第6章:三味線のこと

 『ちかえもん』に共演して……北村有起哉(俳優)
 あとがき
 資料・参考文献
 竹澤團七年譜

著者プロフィール

竹澤 團七  (タケザワ ダンシチ)  (

1935年、名古屋市生まれ。1953年十代目竹澤彌七に入門。四代目竹澤團二郎を
名乗る。翌年、四ツ橋文楽座にて初舞台。1976年竹澤彌七逝去。191年四代目
竹本津太夫の相三味線となり、竹澤團七と改名。
1971年の国立劇場奨励賞受賞を皮切りに、2003年大阪府知事表彰、2010年平成
22年度文化庁長官表彰など、受賞多数。

荒木 雪破  (アラキ セッパ)  (聞書

本名=荒木基次。1949年、大阪府生まれ。京都教育大学特修美術科構成専攻卒。
1987年有限会社グッズ設立、代表取締役。編集・企画・デザインを主体に制作
活動。

上記内容は本書刊行時のものです。