版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
八段階のヨーガ スワミ・チダーナンダ(著) - 東方出版
.

八段階のヨーガ
原書: PATH TO BLESSEDNESS Quintessence of The Ashtanga Yoga of Sage Maharshi Patanjali

発行:東方出版
A5判
162ページ
上製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-86249-288-3
Cコード
C1015
教養 単行本 仏教
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2017年11月
書店発売日
登録日
2017年9月26日
最終更新日
2021年2月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2021-02-16
「人は何のためにヨーガをするのか」という、ヨーガの本質を理解するための必読書、重版出来。

紹介

本書は、紀元前のインドの賢者・パタンジャリの『ヨーガ・スートラ』の一部を
解説したもので、特に「八段階のヨーガ」(アシュターンガ・ヨーガ)について
詳細に解説している。
「人は何のためにヨーガをするのか」という、ヨーガの本質を理解するために
必読の書。

目次

  著者まえがき
  訳者まえがき

第1章 序説
 二つの道――快楽の道と善なる道/人生のゴール/霊的な進化と悟り/ヨーガの
 基本的な概念/ヨーガ的見地からみた心の分析/心の波を静める/ヨーガの修行
 について/ラージャ・ヨーガ

第2章 アシュターンガ・ヨーガ(八段階のヨーガ)
(1)ヤマ(禁戒/社会的戒律)
  アヒンサー(非暴力)/サッティヤ(真実、正直)/ブラフマチャリヤ(禁欲)
  /アスティーヤ(不盗)/アパリグラハ(不貪)
(2)ニヤマ(勧戒/個人的戒律)
  シャウチャ(清浄)/サントーシャ(知足)/タパス(苦行)/スワディヤー
  ヤ(聖典読誦)/イーシュワラ・プラニダーナ(神への献身)
(3)アーサナ(坐法)
(4)プラーナーヤーマ(調気)
(5)プラティヤハーラ(制感)
(6)ダーラナー(集中)
  集中の実践/ヴァイラーギャ(離欲・無執着)/独居とサトヴィックな食事/
  集中の様々な形
(7)ディヤーナ(瞑想)
  心とそのコントロールについてのさらにいくつかの事実/執着と嫌悪(好き嫌
  い)/瞑想のための前提条件
(8)サマーディ(三昧)
(9)永遠の至福

  訳者あとがき
  要語索引

著者プロフィール

スワミ・チダーナンダ  (スワミ チダーナンダ)  (

1916年南インド・マンガロール生まれ。キリスト教系のロヨラ大学卒業。1943年、ヒマ
ラヤのシヴァーナンダ・アシュラムの修行者となり、隣接した病院の看護士としてハン
セン氏病患者の世話をしたり、巡礼の僧達の手伝いをする等奉仕の生活を送る。1948年、ヨーガ・ヴェーダンタ・フォレストアカデミーにおいて、ラージャ・ヨーガの教授とし
てパタンジャリの教典を教える。1963年、大師スワミ・シヴァーナンダの没後、そのデ
ィヴァインライフ・ソサエティの総長に就任。その後も広くヨーロッパ、米国、南アフ
リカや東南アジアを旅し、ヨーガ・ヴェーダンタ哲学の教えを広めた。2008年逝去。

増田 喜代美  (マスダ キヨミ)  (

東京ヨガセンターの故・羽成孝氏のもとで長年にわたりハタ・ヨーガを学ぶ。後にディヴァ
インライフ・ソサエティの故・スワミ・チダーナンダジとの出会いにより、ヨーガとインド
哲学の研鑽のため毎年渡印。サンスクリット語は、日本サンダハンのアニル・ヴィディヤー
ランカール教授と中島巖氏に師事。サンダハンのサンスクリット語教科書及び辞書である
『入門サンスクリット』『基本梵英和辞典』(共に東方出版刊)の出版の手伝いに携わる。
スワミ・チダーナンダジの伝記『人間をこえて』や『至福への道』を翻訳、自費出版。
現在は、インド哲学関係の翻訳に従事。

上記内容は本書刊行時のものです。