版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
どうする?日本の英語教育 宮原 修(著/文) - 青灯社
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|新日本|八木
直接取引:あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

どうする?日本の英語教育

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:青灯社
四六判
284ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-86228-116-6   COPY
ISBN 13
9784862281166   COPY
ISBN 10h
4-86228-116-8   COPY
ISBN 10
4862281168   COPY
出版者記号
86228   COPY
Cコード
C0082  
0:一般 0:単行本 82:英米語
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年3月24日
最終更新日
2021年9月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

型にはまった英語授業は役立たない。「日本人英語」でもいい。
英語パーク(=公園)でプレイするように学ぼう!

従来の「暗記・引き出し型」のトレーニング授業は、使えない英語と英語嫌いを生む。真のコミュニケ―ション能力の向上をはかる「プレイ型英語教育」を提言。
・英語の「聞く」「話す」は大事だが、大学入試や共通テストに入れるべきではない。
・小学校英語の必修化はよいが、英語嫌いをつくる「教科化」はやめよう。

学習者一人ひとりの英語コミュニケーション能力を育てる「地球市民英語」とはどんなものか。文法・発音の核心(コア)を理解しつつ、米英標準の画一的なモデルではない、世界の多様な話者に対応する英語を実例で解説。
入口の小学校からそれぞれの目標とする出口まで、「英語パーク」で英語嫌いを生まず、世界中の人々と交流できることをめざす「地球市民英語」を身に着けよう!

目次

第Ⅰ章 大学入試に「スピーキング」を入れるべきか
 1 大学入試「共通テスト」の「英語」に「話す」も「聞く」も入れるべきでない。
 2 日本人はどんな英語を目指すべきか。──「地球市民英語」を

第II章 「小学校英語(外国語)教育」から考える
 1 「研究開発学校」での「小学校英語(外国語)教育
 2 千葉県成田市立成田小学校での教育実験
 3「小学校英語教育」への批判と「効果の評価」について。
 4 「子どもの言語習得」について──英語と日本語の“距離"

第III章 日本の英語教育はどうあるべきか
 1「平泉・渡部論争」から考える。
 2「臨教審答申」から考える。
 3「小学校英語」の「教科化」は適切か
 4 「どうして英語をやるんですか?」

著者プロフィール

宮原 修  (ミヤハラ オサム)  (著/文

教育研究家。1947年仙台市生まれ。東京大学大学院学校教育学科博士課程満期退学後、お茶の水女子大学などで教授、大学院教授などを歴任。その間、教育方法学・教育課程論の研究・教育に従事した。退職後は教育研究家として、教育について総合的・俯瞰的観点から研究している。
著書 『教育方法──授業を見る眼を養う』(国土社)、編著『新学習指導要領 学校・授業づくり実践シリーズ全5巻』(ぎょうせい)ほか

上記内容は本書刊行時のものです。