版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「うたかたの恋」の真実 仲晃(著/文) - 青灯社
.

「うたかたの恋」の真実 ハプスブルク皇太子心中事件

発行:青灯社
四六判
316ページ
上製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-86228-003-9
Cコード
C1022
教養 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2006年1月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

<「天国に結ぶ恋」か「他殺」か。皇太子と少女マリーの「心中事件」の真相>
舞台は19世紀末、ハプスブルク王朝が最後を迎えようとする時の、歓楽と哀愁と腐敗の町ウィーンである。冷厳な超保守主義者の父フランツ・ヨーゼフ帝との葛藤を軸にして、自殺へと追いこまれていく経緯と帝国崩壊の予兆を、新資料をもとに明らかにしていく。当時ヨーロッパ中を震撼させたこの事件は、幾多の物語を生み、「うたかたの恋」としてくり返し映画化もされてきた。その過程で生じた様々な虚偽を暴き、「真実」にのみ焦点を当て解明した、歴史的事件のドキュメントである。

目次

はじめに
Ⅰバーデン駅長の至急報
Ⅱ真相隠しの大作戦
Ⅲ父と子の間の深い闇
Ⅳハムレット、ドンファン、そして……
Ⅴ競馬場の天使
Ⅵ雪山の道行き
Ⅶ「ひとは花のごとく散る」
Ⅷウィーンの恋の物語
Ⅸ母のデスマスク
Ⅹ愛と報復が招いた?世界大戦
ⅩⅠドナウ河畔に眠る

著者プロフィール

仲晃  (なかあきら)  (著/文

桜美林大学名誉教授、元共同通信社ジュネーブ支局長
著書:『黙殺』『ケネディはなぜ暗殺されたか』(NHKブックス)訳書『マクナマラ回顧録』(共同通信社)『ゲバラ日記』(みすず書房)

上記内容は本書刊行時のものです。