版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
沖縄の米軍基地を「本土」で引き取る! 「沖縄の米軍基地を『本土』で引き取る!」編集委員会編(編集) - コモンズ
.

沖縄の米軍基地を「本土」で引き取る! 市民からの提案

発行:コモンズ
A5判
96ページ
並製
価格 900円+税
ISBN
978-4-86187-158-0
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年4月10日
書店発売日
登録日
2019年2月14日
最終更新日
2019年4月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

沖縄への関心が高まり、基地を本土で引き取るべきではないかという議論が注目されています。
本土と沖縄の不平等な関係、現地の声を聞かずに強行される辺野古の海への土砂投入…。
沖縄の人びとの声にどう答えるか、基地問題を自分事として考える本です。
高橋哲哉、知念ウシ、木村草太、津田大介ほか各地の市民グループリーダーが執筆しました。
高校生から読めます。

目次

主な内容

なぜ、いま引取りか
沖縄に依存せず、「基地問題」を自律的に解決する
「自分の基地問題」として考えてみませんか
沖縄に対する日本の植民地主義を克服するために
キーワードから読み解く引取り論
 過去 琉球併合、沖縄戦、捨て石、本土復帰
 現在 少女暴行事件、オール沖縄、日米地位協定
引取り論への批判に応える
 基地はどこにもいらないvs沖縄に押し付けたままでいいのか
 安保の固定化vs安保の存否とは別次元
 抑圧の委譲にすぎないvs不平等是正が第一
どこへ引き取るのか
引き取って終わり?

版元から一言

沖縄の人びとの声に答え、移設候補地は国民全体で議論するべきではないか

著者プロフィール

「沖縄の米軍基地を『本土』で引き取る!」編集委員会編  (オキナワノベイグンキチヲホンドデヒキトルヘンシュウイインカイ)  (編集

基地引き取り運動をしている各地のグループ。基地引き取り運動は、沖縄県だけが70%もの在日米軍基地を背負う現状は差別だと考え、「本土」の人間の責任として、歴史的・政治的に沖縄に追いやった米軍基地を「本土」に引き取ることを考える行動

上記内容は本書刊行時のものです。