版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
増補新版 現代語訳 墨夷応接録・英国策論 森田 健司(編集 | 翻訳) - 作品社
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天   書店
JRC|八木|子どもの文化
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

増補新版 現代語訳 墨夷応接録・英国策論 (ゾウホシンパンゲンダイゴヤクボクイオウセツロクエイコクサクロン) 幕末・維新の一級史料 (バクマツイシンノイッキュウシリョウ)

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:作品社
四六判
定価 3,400円+税
ISBN
978-4-86182-998-7   COPY
ISBN 13
9784861829987   COPY
ISBN 10h
4-86182-998-4   COPY
ISBN 10
4861829984   COPY
出版者記号
86182   COPY
Cコード
C0021  
0:一般 0:単行本 21:日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2023年7月12日
最終更新日
2023年11月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-12-23 朝日新聞  朝刊
評者: 保阪正康(ノンフィクション作家)
MORE
LESS

紹介

明治維新以後150年の常識を覆す

「黒船来航」に対して、幕府は本当に弱腰だったのか? 将軍を大大名の一人としての「本来の地位」に戻すべきだと主張したアーネスト・サトウの主張は、歴史を動かしたのか?

幕末・維新に関する最重要史料でありながら一般にはほとんど知られることのなかった二書、初の現代語訳!
◎『現代語訳 墨夷応接録』の注と解説を改訂し、新たに『英国策論』を付す増補新版
◎『墨夷応接録』『英国策論』原文・「日米和親条約」「下田追加条約」・解説も収録

『墨夷応接録』(ぼくいおうせつろく)
江戸幕府とペリー艦隊との「史上初の日米交渉」について記された、日本側の唯一の議事録。嘉永7年(1854)1月19日~6月2日までの交渉内容とその間に周辺で起きた重要な出来事を、幕府全権・林復斎らの視点で詳細に記録している。

『英国策論』(えいこくさくろん)
1866(慶応2)年に英語で発表され、すぐに日本語に翻訳された明治維新に関わる第一級史料。江戸幕府を終焉に向かわせる理屈であり、倒幕派を鼓舞したにちがいないイギリスの政治方針が書かれている。

目次

緒言 森田健司
『墨夷応接録』現代語訳
『墨夷応接録』原文
『英国策論』現代語訳
『英国策論』原文
附録
日米和親条約・下田追加条約 現代語訳
日米和親条約・下田追加条約 原文
解説 森田健司
 『墨夷応接録』
  序 黒船と「対決」した幕臣の覚悟
  一 史料としての『墨夷応接録』
  二 アメリカ使節応接掛の面々
  三 『墨夷応接録』と『ペリー艦隊日本遠征記』
 『英国策論』 
  一 史料『英国策論』の歴史
  二 『英国策論』執筆の経緯
  三 『英国策論』の要旨とその背景
  四 『英国策論』の源泉と薩摩藩
  五 幕府の崩壊とその後のサトウ
主要参考文献
結言 森田健司

著者プロフィール

森田 健司  (モリタ ケンジ)  (編集 | 翻訳

(もりた・けんじ)
一九七四年生まれ。京都大学経済学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(人間・環境学)。現在、大阪学院大学経済学部教授。専門は江戸時代の社会思想史。著書に、『石門心学と近代』(八千代出版)、『石田梅岩』(かもがわ出版)、『かわら版で読み解く江戸の大事件』『外国人が見た幕末・明治の日本』(以上、彩図社)、『なぜ名経営者は石田梅岩に学ぶのか?』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『明治維新という幻想』『江戸の瓦版』『西郷隆盛の幻影』(以上、洋泉社・歴史新書y)、『江戸暮らしの内側』(中公新書ラクレ)、『奇妙な瓦版の世界』(青幻舎)、『明治維新 偽りの革命』(河出文庫)、『山本七平と「仕事の思想」』(PHP研究所)、『異国人たちの江戸時代』(作品社)などがある。

アーネスト・サトウ  (アーネスト サトウ)  (著/文

(Ernest Mason Satow)
一八四三~一九二九。イギリス出身の外交官。ロンドンのユニバーシティ・カレッジ卒業後、イギリス公使館で通訳生として雇用される。一八六二年に来日し、一八六六年に英字新聞『ジャパン・タイムズ』に、三回に分けて『英国策論』を発表した。

上記内容は本書刊行時のものです。