版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
聖徳太子と蘇我入鹿 海音寺潮五郎(著/文) - 作品社
..

聖徳太子と蘇我入鹿

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:作品社
四六判
264ページ
定価 1,900円+税
ISBN
978-4-86182-856-0   COPY
ISBN 13
9784861828560   COPY
ISBN 10h
4-86182-856-2   COPY
ISBN 10
4861828562   COPY
出版者記号
86182   COPY
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年7月
書店発売日
登録日
2021年6月7日
最終更新日
2021年7月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

稀代の歴史小説作家の遺作となった全集未収録長篇小説『聖徳太子』に、“悪人列伝”シリーズの劈頭を飾る「蘇我入鹿」を併録。海音寺古代史のオリジナル編集版。
聖徳太子千四百年遠忌記念出版!

 聖徳太子の究極の目的は、くりかえし書いて来た通り、旧来の社会組織を解体して、日本を新しく誕生させるにあった。
 これは蘇我馬子をはじめ全豪族の権益の根本的否定である。彼らがもし太子のこの心を知れば、全力をあげて抵抗するに相違なかった。太子にはこれがわかっているから、胸中深く秘めて、決して他に見せず、馬子をふくむ豪族らには、
「日本を中国のような開明の域に進めるためには、これは必要なのだ」
 とだけ説明して同意させ、しくしくと布石をつづけた。冠位十二階の制定もそれ、十七条憲法もそれ、遣隋使の派遣もそれ、留学生、留学僧の派遣もそれ。
 仏法を興隆するためにみずからしきりに寺を建てたばかりか、豪族らにも建てることを奨励したのも、この目的のためもあったとしか思われない。(本書「日出づる国」より)

目次

「聖徳太子」
聖徳太子誕生/仏と神/野心と欲情/天下大乱/殺し屋・東漢ノ駒/神かくし/摂政太子/日出づる国
「蘇我入鹿」

著者プロフィール

海音寺潮五郎  (カイオンジチョウゴロウ)  (著/文

(かいおんじ・ちょうごろう)1901~1977。鹿児島県生まれ。國學院大學卒業後に中学校教諭となるが、1929年に「サンデー毎日」の懸賞小説に応募した「うたかた草紙」が入選、1932年にも「風雲」が入選したことで専業作家となる。1936年「天正女合戦」と「武道伝来記」で直木賞を受賞。戦後は『海と風と虹と』、『天と地と』といった歴史小説と平行して、丹念な史料調査で歴史の真実に迫る史伝の復権にも力を入れ、連作集『武将列伝』、『列藩騒動録』などを発表している。晩年は郷土の英雄の生涯をまとめる大長編史伝『西郷隆盛』に取り組むが、その死で未完となった。

上記内容は本書刊行時のものです。