版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
哲学者・木田元 大塚信一(著/文) - 作品社
..

哲学者・木田元 編集者が見た稀有な軌跡

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:作品社
四六判
280ページ
定価 2,600円+税
ISBN
978-4-86182-854-6   COPY
ISBN 13
9784861828546   COPY
ISBN 10h
4-86182-854-6   COPY
ISBN 10
4861828546   COPY
出版者記号
86182   COPY
Cコード
C0010
一般 単行本 哲学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年6月
書店発売日
登録日
2021年5月10日
最終更新日
2021年5月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

生涯を懸けてハイデガーとメルロ=ポンティの思想に肉迫し、自らの「反哲学」を構築した哲学者・木田元。
その多彩な軌跡を主要著作に沿って詳細に辿る、木田哲学のチチェローネ。


……私の最初の著者であり、以降半世紀にわたって親しくしていただいた木田元先生について、このようにまとめることが可能になるとは夢にも思わなかった。
 その理由は何と言っても、氏の仕事のとてつもない壮大さと緻密さにあった。二〇世紀を代表する思想家であるメルロ=ポンティとハイデガーの業績の輪郭を知ることですら容易でないのに、木田先生は何とハイデガーが挫折した当の『存在と時間』の、本来の構想の再構築まで試み、成功なさっていたのだ。
 私は木田先生のご苦労の程をよくよく知っていたので(普段は全くその素振りすら見せない快活な氏であったが)、まさか私が氏の仕事の全体像を描くことになるとは考えたことがなかった。とはいえ、八〇歳の大台を越え、生涯の残り時間も少なくなった時は、残された最後の仕事として浮上してきたのは、やはり木田元論でしかありえなかった。(本書「あとがき」より)

上記内容は本書刊行時のものです。