版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
長谷川利行の絵 大塚信一(著/文) - 作品社
..

長谷川利行の絵 芸術家と時代

発行:作品社
四六判
240ページ
定価 2,200円+税
ISBN
9784861827815
Cコード
C0070
一般 単行本 芸術総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年5月
書店発売日
登録日
2020年4月27日
最終更新日
2020年5月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-12-26 朝日新聞  朝刊
評者: 横尾忠則(美術家)
2020-08-29 朝日新聞  朝刊
評者: 横尾忠則(美術家)
2020-08-08 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 原田光(美術評論家)
2020-06-14 産經新聞  朝刊

紹介

従来の「伝説」を排し、“日本のゴッホ”長谷川利行の本質に迫る、画期的評伝!
暗く、不安に満ちた時代に、明るく美しい絵を描いた、ほとんど唯一の芸術家は、どのように生まれたのか? その秘密を探る。

「(長谷川利行のことを)調べれば調べるほど、伝説とは正反対の利行の姿が見えてきた。その一つは、利行が生きた時代の絵画芸術の世界的動向に対する深い関心である。例えば、ソヴィエト・ロシアのフォルマリズムにさえ興味を抱いていたようだ。二つには、洋画のみならず日本画にも造詣を持っていたことがある。正宗得三郎に通じるような広い視野と感性をさえ感じさせるのだ。三つには、ニーチェなど当時の現代思想を自らの血肉と化している点をあげることができる。
 とするならば、利行は落ちこぼれやアウトローどころか、深い教養を持った、洋画・日本画双方に通じる先端的な芸術家だったのかも知れない。」――本書「あとがき」より

上記内容は本書刊行時のものです。