版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
コンプリート版 アメリカは歌う。 東理夫(著/文) - 作品社
..

コンプリート版 アメリカは歌う。

発行:作品社
四六判
832ページ
定価 4,200円+税
ISBN
9784861827624
Cコード
C0022
一般 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年10月
書店発売日
登録日
2019年9月17日
最終更新日
2019年10月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-02-09 毎日新聞  朝刊
評者: 井波律子(中国文学者)

紹介

「九」という数字は、なぜ悲しみと不吉さをまとっているのか?
戦いつづけてきたアメリカに、なぜ反戦歌、厭戦歌が多いのか?
黒人霊歌(ニグロ・スピリチュアル)は、なぜ同じような歌詞がくり返し歌われるのか?
アメリカには、なぜかくも多くの殺人をテーマにした歌があるのか?

建国以来の現在までのアメリカで生まれた歌に秘められた謎と人びとの想いを追いながら、知られざるもう一つのアメリカの姿を描き出す。
アメリカ音楽史の決定版!

アメリカの偉大さは、経済や武力や商取引の駆け引きのような外交ではない、もっと崇高なものによる、と考える人がいるだろうと信じてこの本を書いた。人の悲しみを我が悲しみとし、人の喜びや幸福を自分のことのように感じて励ましつづけた人たちがいたことを、歌の中にあるだろうと探しながらこの本を書いた。
今からずっと先、後の若い人がこの本に、万が一接することがあるとしたら、歌には人の心を動かす力、人の目を外に向けさせ、人に学ばせる力があること、そしてかつて一九六〇年代のフォークソング・リヴァイバル・ムーヴメントの時代がそうであったように、わずかかもしれないが確実に世の中を変える力が、これまでもあったし、これからもありつづけるに違いないことを知ってほしいと、心から思う。そういう歌を探しつづけながらこれを書いたのだと、今ぼくは気づいている。(「あとがきにかえて」より)

上記内容は本書刊行時のものです。