版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
坂本達哉(早稲田大学政治経済学部教授・慶應義塾大学名誉教授)英文著作集  David Hume and Adam Smith, A Japanese Perspective 坂本達哉(著/文) - エディション・シナプス
.
詳細画像 0

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

坂本達哉(早稲田大学政治経済学部教授・慶應義塾大学名誉教授)英文著作集  David Hume and Adam Smith, A Japanese Perspective

このエントリーをはてなブックマークに追加
B5変型判
318ページ
上製
価格 9,800円+税
ISBN
978-4-86166-221-8   COPY
ISBN 13
9784861662218   COPY
ISBN 10h
4-86166-221-4   COPY
ISBN 10
4861662214   COPY
出版者記号
86166   COPY
Cコード
C3033
専門 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年9月25日
書店発売日
登録日
2020年9月20日
最終更新日
2020年9月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

『ヒュームの文明社会 勤労・知識・自由』(創文社 1995年。1996年サントリー学芸賞、2001年日本学士院賞)、『ヒューム希望の懐疑主義 ある社会科学の誕生』(慶応義塾大学出版会 2011年)、『社会思想の歴史 マキアヴェリからロールズまで』(名古屋大学出版会 2014年)等の著作で知られる、坂本達哉教授の初めての英文単著です。それまで二つの異なる側面として論じられることの多かった、ヒュームの経済学と社会思想を統合的にとらえた著者の研究は当初より国際的にも高く評価され、日本イギリス哲学会(2014-2016年会長)、社会思想史学会(2016-2019年代表幹事)、そして今なお唯一のアジアでの年次大会(東京大会2004年)開催に尽力した[国際]ヒューム学会など、坂本教授は国内外の学術団体で広く活動、今日もヒュームとアダム・スミス、啓蒙思想、社会思想史の研究に大きな役割を担っています。

1990年から2017年までに公刊された10点の学術論文を収録する本書は、40年近い著者の研究活動のなかで英文学術誌、英文論集に発表された7点(ヒューム、スミス研究の大家D.D.ラファエル教授との共著論文1点をふくむ)と、日本語による公刊論文から今回初めて英訳された3点の論文を収録、自身のヒューム研究を時系列的に網羅する第1部と、明治維新以来のスミス、ヒュームらの日本での受容を、福澤諭吉、内田義彦への影響を中心に論じた第2部からなります。すべての論文において最新の研究状況を反映する大幅な改訂、増補が行われており、一例としては、著者の問題提起による「ヒューム「初期草稿」論争」にさらなる一石を投じる内容ともなっています。

「前書き」として加えられた、新世代のヒューム研究を国際的にリードする壽里竜教授による解題も必読で、全体としてヒューム、スミスを中心とする国際的な研究動向に新たな展開を促し、大きな指針と刺激を与える注目の著作といえるでしょう。

目次

Preface / Acknowledgements/Abbreviations of David Hume’s and Adam Smith’s Writings

Foreword by Ryu Susato

PART I: Hume’s Economic Thought in Historical Contexts
1. Hume’s Philosophical Economics / 2. The “Dominion of Learning” and the “Dominion of Conversation” in the Scottish Enlightenment / 3. Hume’s Political Economy as a System of Manners / 4. Hume’s “Early Memoranda” and the Making of His Political Economy / 5. Hume’s Economic Theory / 6. Anonymous Writings of David Hume, co-authored with David D. Raphael / 7. The Ambivalence of the “Middle Station of Life” and Eighteenth-Century Civilized Society

PART II: Hume and Smith in Japan
8. Adam Smith and Yukichi Fukuzawa: A Tension Between “sympathy (共感)” and “independence and self-respect(独立自尊)” / 9. Adam Smith’s Dialogue with Rousseau and Hume: Yoshihiko Uchida and the Birth of The Wealth of Nations /10. Adam Smith’s ‘SYMPATHY’ in Modern Japanese Perspectives

Bibliography / Name Index

前書きなど

“In short, Hume was trying to say to readers that they were reading a kind of economic-philosophical work different from any other that they were accustomed to.” (Chapter 1)
“Hume thought the style and form of expression of the ‘essay’ format best suited the social function of writing as an intermediary between the worlds of learning and conversation.” (Chapter 2)
“Manners as the fundamental motivating force for economic development and civilization is logically identical with the knowledge-producing pattern of economic development.” (Chapter 3)
“The problem of when, how, and for what purpose the so-called ‘Early Memoranda’ was compiled by Hume is the kind of problem that will never permit any uncontroversial resolution. What is more certain is this: [it] reflects Hume’s strong and consistent desire to pursue his new intellectual adventure of writing a systematic
discourse on political economy.” (Chapter 4)
“The enduring legacy of Hume for those after him was the powerful vindication of the philosophical, moral, and political viability of modern civilized society. Hume’s triad of ‘industry, knowledge and humanity’ was certainly what lay at the heart of this intellectual legacy.” (Chapter 5)
“The report about the review of Smith's book confirms Raynor's hypothesis, and the convincing case which Raynor made independently confirms the credibility of Chalmers's report.” (Chapter 6)
“If Hume’s theory of commerce and liberty can be boiled down to a chain of ‘industry, knowledge, and humanity,’ then here we can confirm the persistent vitality of this Humean logic as one of the overlooked eighteenth-century intellectual sources of the radical parliamentary reform in the nineteenth century.” (Chapter 7)
“Smith’s ‘impartial spectator’ and Fukuzawa’s ‘independence and self-respect’ were conceptions of an individual autonomy that was supported by interaction in tension with others in a civilized society. Smith criticised the narrow-minded nationalism and national prejudice of his day, and Fukuzawa fought against the ‘spiritless and powerless’ intellectual climate of Japan.” (Chapter 8)
“Yoshihiko Uchida’s pioneering attempt to create a highly original view of this great Scottish thinker [Smith] proves that classical texts can be infused with a new life by scholars who live through their own struggles, no matter how distant they may be from the object of their study in space and time.” (Chapter 9)
“A possible dialogue between Smith and Fukuzawa so far reconstructed should certainly help Japanese people redefine their individual as well as national identities in the globalized world.” (Chapter 10)

著者プロフィール

坂本達哉  (サカモトタウツヤ)  (著/文

早稲田大学政治経済学部教授・慶應義塾大学名誉教授

壽里竜  (スサトリュウ)  (解説

慶應義塾大学経済学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。