版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ウランの化学(Ⅰ) 佐藤 修彰(著/文) - 東北大学出版会
.

ウランの化学(Ⅰ) 基礎と応用

A5判
190ページ
並製
定価 3,000円+税
ISBN
978-4-86163-345-4
Cコード
C3058
専門 単行本 その他の工業
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年6月21日
書店発売日
登録日
2020年6月3日
最終更新日
2020年6月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

福島原発事故とともに、原子力利用の是非が問われている。本書では,燃料として使われるウランの化学について、金属および各種化合物の製造、物理的化学的性質といった基礎を丁寧に紹介する。さらに、応用として原子燃料サイクルにおけるフロントおよびバックエンド化学プロセスを、そして福島原発事故で発生した燃料デブリの性質、実用されている工業製品の性質について解説し、ウランの化学の基礎と原子力利用との関わりについて学ぶ。

目次

第1部 基礎編
第1章 ウランの基礎
第2章 金属
第3章 水素化物
第4章 酸化物
第5章 ハロゲン化物
第6章 13族および14族元素化合物
第7章 15族元素化合物
第8章 カルコゲン化合物
第9章 ウラニウムイオンと溶液反応
第10章 塩および錯体
第2部 応用編
第11章 評価方法
第12章 核燃料サイクル
第13章 燃料デブリの生成と評価
第14章 原材料と製品

上記内容は本書刊行時のものです。