版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ソール・ライター Saul Leiter The Centennial Retrospective ソール・ライター(著/文) - 青幻舎
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

ソール・ライター Saul Leiter The Centennial Retrospective (ソールライター ソールライターザセンテニアルレトロスペクティヴ)

芸術
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:青幻舎
縦310mm 横260mm 厚さ36mm
352ページ
定価 8,800円+税
ISBN
978-4-86152-921-4   COPY
ISBN 13
9784861529214   COPY
ISBN 10h
4-86152-921-2   COPY
ISBN 10
4861529212   COPY
出版者記号
86152   COPY
Cコード
C0072  
0:一般 0:単行本 72:写真・工芸
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年6月26日
最終更新日
2024年1月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ソール・ライター センテニアル レトロスペクティヴ
生誕100年を記念した特別版
世界8カ国で刊行!

ソール・ライター(1923~2013)は、89歳で亡くなる直前まで、毎日写真を撮り、絵を描き、膨大な数の作品を遺した。彼のインスピレーションの源はマンハッタン東10町目の自宅アパートのわずか数ブロック内であり、ありふれた場所に美を見出す天才として、ニューヨークの街をカラーで切り取った世界観は、今日広く注目を集めている。
その一方、1960~70年代、『Harper’s Bazaar』でのファッション写真家としての活動、モノクロの景色、”親密なポートレート”のヌード、ヌード写真にペイントを施した作品などは、彼の生前に世に出ることはほとんどなかった。
本書は、ライター生誕100年を記念して、ソール・ライター財団が管理する膨大なアーカイブをもとに、未発表作品、コンタクトシート、人生をたどる写真付き年譜など、貴重資料を駆使しながら、ソール・ライターの表現の多様性と試作の源泉、その全貌に迫る決定版作品集である。


[目次]
はじめに
マイケル・パリーロ(ソール・ライター財団ディレクター)

I. Beginnings
ソール・ライターの知られざる世界
アダム・ハリソン・レヴィ(作家・インタビュアー)

II. On the Street
閉じられた世界 奇才ソール・ライターを知る鍵
マイケル・グリーンバーグ(作家)

III. Fashion
雨粒に濡れた窓 ソール・ライターのファッション写真
ルー・ストッパード(作家・キュレーター)

IV. Paintings
小さく描いて 大きく満ちる
平松麻(画家)

V. Intimate Views
秘密を守る
マーギット・アーブ(ソール・ライター財団ディレクター)

CHRONOLOGY
NOTES
PICTURE CREDITS / THANK YOU TO
AUTHOR BIOGRAPHIES
INDEX


*本書は英語版を刊行する出版社であるThames&Hudsonの管理のもとに、各国語版も同じ印刷所で印刷・製本をしております。

著者プロフィール

ソール・ライター  (ソールライター)  (著/文

1923年、米ペンシルベニア州ピッツバーグに生まれる。10代で絵を描き、写真を撮り始める。絵画は展覧会などで高く評価される。1946年にニューヨークへ移り住み、絵を描くかたわら生計のために商業写真に力を入れる。1957年からファッション写真家としてのキャリアをスタートし、20年にわたり『Esquire』や『Harper's Bazaar』などの雑誌で活躍。最初はモノクロで、やがてカラーでも仕事をするようになった。売れっ子商業写真家として忙しく飛びまわる一方でストリート写真も撮り続けていた。そのほとんどは自分が暮らすマンハッタン・ダウンタウンで撮影されている。2006年、シュタイデル社より最初の写真集『Early Color』が出版されると、1940年代後半にしてすでにカラー写真を極めていたその才能に広く注目が集まるようになる。再評価が高まるなか、2013年ニューヨークで死去。没後、世界中の美術館で展覧会が開催され、写真集が多数出版されている。

マーギット・アーブ  (マーギットアーブ)  (著/文

ソール・ライター財団の創設者でありディレクター。1996年からライターが亡くなる2013年まで、ハワード・グリーンバーグ・ギャラリーにてライターのエージェントを務めながら、公私にわたり深く交流する。『Early Color』『In My Room』(シュタイデル社)、『ソール・ライターのすべて』(青幻舎)をはじめとする、生前から没後に至るライターのすべての書籍に携わり、2013年に撮影されたドキュメンタリー映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』共同制作者。現在は、夫であるマイケル・パリーロとともに、ライターのアトリエにて保管されている膨大なアーカイブの維持管理を行っている。

マイケル・パリーロ  (マイケルパリーロ)  (著/文

ソール・ライター財団の共同ディレクター。編集者及び音楽やライフスタイル関連のジャーナリストとして20年のキャリアを経たのち、2015年に財団に加入。『ソール・ライターのすべて』『まだ見ぬソール・ライター』(青幻舎)、『永遠のソール・ライター』(小学館)など、多くのライター関連書籍の編集に携わっている。妻のマーギット・アーブとともに、ライター作品のデジタルカタログ編集を行っている。

上記内容は本書刊行時のものです。