版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
戦争とは何か 神山 睦美(著) - 澪標
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 地方小
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784860785475

戦争とは何か (センソウ トハ ナニカ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:澪標
四六判
縦188mm 横128mm
312ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-86078-547-5   COPY
ISBN 13
9784860785475   COPY
ISBN 10h
4-86078-547-9   COPY
ISBN 10
4860785479   COPY
出版者記号
86078   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年8月15日
書店発売日
登録日
2022年7月31日
最終更新日
2022年9月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 私たちが西欧の知識人から教えられてきたのは、戦争を回避するためには、人間の攻撃衝動や自己中心性をどう乗り越えるかという問題を考えていかなければならないということでした。それは、ホップズからはじめて、カント、ルソー、ヘーゲルさらにトルストイ、ドストエフスキー、そして現代におけるフロイト、フッサール、レヴィナスなどの最も切実な関心事でした。だが、現在、どこにも彼らの考えを受け継ぐような存在は見当たらないように思います。
 それならば、あえて、私たちが、彼らの考えを受け継ぐことによって、小林秀雄、吉本隆明、柄谷行人の絶対非戦論を私たちなりのかたちで唱えていくことには、意味があるといえます。

目次

第一部 ウクライナ戦争をどうとらえるか
第二部 なぜいま絶対非戦論が問題とされなければならないのか
第三部 戦争とは何か
第四部 ドストエフスキーと「戦争」
第五部 漱石と「戦争」

著者プロフィール

神山 睦美  (カミヤマ ムツミ)  (

1947年1月、岩手県生まれ。東京大学教養学部教養学科フランス分科卒。文芸評論家。
2011年、『小林秀雄の昭和』で第2回鮎川信夫賞を、2020年、『終わりなき漱石』で
第22回小野十三郎賞を受賞。その他の著書に『日々、フェイスブック』『吉本隆明論考』
『二十一世紀の戦争』『大審問官の政治学』『希望のエートス3・11以後』『日本国憲法と本土決戦』『「帰って来た者」の言葉』など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。