版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
荘直温伝 松原 隆一郎(著/文) - 吉備人出版
.

荘直温伝 忘却の町高梁と松山庄家の九百年

発行:吉備人出版
発売:吉備人出版
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ25mm
369ページ
並製
価格 3,000円+税
ISBN
978-4-86069-612-2
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年4月20日
書店発売日
登録日
2020年3月24日
最終更新日
2020年4月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-06-13 毎日新聞  朝刊
評者: 池澤夏樹(作家)

紹介

《彼ら「町の名士たち」は、金や権力を自分のために使うただの「金持ち」や「権力者」ではなく、自腹を切ってでも町に繁栄をもたらそうとする人々、すなわち地方自治の担い手を自認していました》(──第三章「村長・町長の時代」より)
大正期に高梁町長を勤め、伯備線誘致に尽力した名町長・荘直温(しょう・なおはる)の評伝。
明治維新と近代資本主義の激動に直面した町を支えた直温ら「地方自治の担い手」たちは、なぜそこまで町のために尽くすことができたのか。
そして今、彼らの事跡はなぜ忘れ去られてしまったのか。
荘直温という「個人の歩み」、庄(荘)一族という「人々の足跡」を縦軸に、源平合戦の時代から現代まで、放送大学教授(東京大学名誉教授)の社会経済学者が、徹底した現地踏査と史料精査を経て書き上げた備中900年の歴史。

目次

■目次
序─荘芳枝

■第一部
●第一章 庄松山分家との出会い
●第二章 系譜を特定するにあたり、参照すべき史料の資格について
●第三章 松山分家から見た庄家系図

■第二部
●第一章 武将の時代(鎌倉・室町)─『平家物語』から松山城主、蟄居まで
庄家のはじまりと『平家物語』
頼朝から草壁の庄を賜る
猿掛城に登る
鎌倉幕府の崩壊─資房の自害
細川京兆家と庄氏宗家
勢力を拡大する庄氏
元資をめぐる謎
備中守為資、松山城主となる
三村氏に松山城を奪われる
備中兵乱と麦飯山の合戦
天下統一と毛利氏の敗北

●第二章 庄屋の時代(江戸)─前半の躍進、後半の停滞
備中再編と「大名の大異動」
分家する庄家
代官・小堀二代の手腕
水谷三代と船舶流通管理
津々村で庄屋となる
元禄検地と百姓の嘆き
二十二代直勝の証言
今に残る呰部分家の庄屋家屋
帯刀を許される
士格を与えられた有漢分家
庄松山分家はどこにあったか
検地データから見る原西村
授受された手形や証文
江戸後期になぜ借金が横行したのか
山田方谷の藩政改革
幕末の松山藩

●第三章 村長・町長の時代(明治・大正)─荘直温の矜持と手腕
1・維新後の高梁が求められたこと
一揆への対応
明治初期の高梁町の様子
二度の敗北を経て継承されたもの
新時代の高梁を担う人々
荘直温の履歴
2・荘直温の修行時代(明治24年まで)
庄屋見習いから戸長、教師、公務員へ
家政改革規定書
公共部門への寄付と産業育成
3・荘直温の松山村長時代(明治25年~大正3年)
無給の町長
荘活版印刷所の創設
日本生命からの督促
関西一の桜の名所
五軒の荘と家紋問題
父親としての直温
自治の木鐸 村民の師父
4・荘直温の上房郡会議員・高梁町長時代(大正5年~昭和3年)
人々を鼓舞する人
伯備線誘致問題
 高まる陰陽連結の声
 鉄道はどこを通る?
 高梁経由vs成羽経由
 請願書と優劣比較表
 高梁通過が決定
 備中高梁駅開業の日
町長再選から辞任へ
直温の死
感動の弔辞

●第四章 忘却の町に生きる(昭和・平成)─庄松山分家のその後
直一・四郎の家督相続契約
未納総額の判明
貧困に喘ぐ
兄・直一が捨てたもの
弟・四郎が勝ちとったもの
鉄道敷設の効果①直温の想定
鉄道敷設の効果②現実
石川達三の予言
栄町大通商店街の興亡
鉄道と煙草と木材
「鉄道時代」から「自動車時代」へ
荘芳枝さんの人生

あとがき──忘却について

巻末注/関連年表/荘(庄)氏松山分家略系図/索引

版元から一言

「忘れられた名町長」を生んだ900年間のノブレス・オブリージュ。
武士の時代・庄屋の時代を経て、備中に生き、高梁に尽くした一族の物語。

著者プロフィール

松原 隆一郎  (マツバラ リュウイチロウ)  (著/文

松原隆一郎(まつばら・りゅういちろう)
昭和31(1956)年神戸市出身、放送大学教授、東京大学名誉教授。灘高校・東京大学工学部都市工学科卒、同大学院経済学研究科単位取得退学。専攻は社会経済学・経済思想。著書は『頼介伝』(苦楽堂)、『経済政策』(放送大学教育振興会)、『ケインズとハイエク』(講談社現代新書)、『経済思想入門』(ちくま学芸文庫)、堀部安嗣との共著『書庫を建てる』(新潮社)他、多数。

荘 芳枝  (ショウ ヨシエ)  (著/文

序文執筆
荘 芳枝(しょう・よしえ)
大正15(1926)年3月20日高梁町23番地生まれ。高梁尋常小学校・高等科、岡山県立順正高等女学校卒業。国民学校初等科訓導講習会を経て小学校教諭一級普通免許状取得(岡山県教育委員会)。高梁国民学校以降、高梁南小・北小・中井小・津川小・福地小で37年間教諭を勤める。その後、母・妹・姉の看病と趣味に生きる。

上記内容は本書刊行時のものです。