版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
恩原の詩 吉井 康哲(写真と文) - 吉備人出版
.

恩原の詩

発行:吉備人出版
B5変型判
縦179mm 横219mm 厚さ15mm
87ページ
上製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-86069-581-1
Cコード
C0072
一般 単行本 写真・工芸
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年3月31日
書店発売日
登録日
2019年4月11日
最終更新日
2019年4月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

まるで詩集を手にしたように、ゆっくりとした時間が流れる

谷間から差し込む光、立ちこめる靄(もや)、宝石にも負けない雪のきらめき……言葉では描けない四季折々。15年間通い続け撮影した恩原湖畔の自然美。

前書きなど

岡山にも、日常からほんの少しだけ離れたところに、ほっとするような桃源郷があります。ここ恩原湖畔にしばしたたずむと、透明で心休まる時間が流れているのに気付かされます。
 収録作品は約15年の間、時折の週末、天気と相談しながら少しずつ撮って来たものです。7割がフィルムカメラ、残りが近年のデジタルカメラでの作品です。拙著「美しき岡山」からもいくつか採用しています。それらを一枚二枚と並べながら、記憶の断片を拾い集めて文としました。どの写真を見ても、シャッターを押したその時の状況はもちろんその場の空気感まで思い出せることに不思議を感じます。写真は写心、文字には現わせない感覚まで記録する力を持っているのでしょうか。
いたらぬ本書ですが、毎日忙しく働いている人、心身がいくらか疲れている人、出かけられない人にこそ手に取ってみていただき、少しでもいやされ、気持ちをリフレッシュしていただけたら幸いです。
(本書「休息のとき」から)

著者プロフィール

吉井 康哲  (ヨシイ コウテツ)  (写真と文

吉井 康哲(よしい こうてつ)
1947年岡山市生まれ。外科医師(医療法人吉井外科内科クリニック理事長)、日本風景写真協会会員、フォト吉備会員。岡山大学医学部卒業。1979年、岡山市瀬戸町に外科医院開設。2003年ごろから中判カメラによる本格的な風景写真に取り組む。『四季のいろ』『AMATERAS』『風景写真』などに選抜掲載。岡山市内、イタリア・フィレンツェでの個展開催のほか、著書に写真集『ラ・ストラーダ・ビアンカ』『美しき岡山』(吉備人出版)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。