版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
岡山人じゃが2010 日高 一(著) - 吉備人出版
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|地方小
直接取引: あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784860692698

岡山人じゃが2010

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:吉備人出版
A5判
197ページ
並製
定価 1,000円+税
ISBN
978-4-86069-269-8   COPY
ISBN 13
9784860692698   COPY
ISBN 10h
4-86069-269-1   COPY
ISBN 10
4860692691   COPY
出版者記号
86069   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2010年9月
書店発売日
登録日
2010年9月22日
最終更新日
2010年10月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「戦後65年の記憶」を特集テーマに、会員自身の戦争体験「自分史〈少年と満州〉」(日高一)「台湾と母-引き上げ家族の戦前と戦後」(下山宏昭)や「岡山空襲と無差別爆撃の思想」(高見茂)、「世にも奇妙な軍神エピソード〈片山兵曹長の里帰り〉を願って」(米原擴)など、岡山ペンクラブ流に戦後65年を追っています。
また、「〈大原美術館伝説〉の背景真偽を検証する」「大原總一郎ゆかりの地をあるく」(赤井克己)など、開館80周年を迎えた大原美術館関係の秘話を。このほか「青さんは如何にしてコフニストとなりし乎」(青山融)、岡山・地域出版覚書「考古学者・近藤義郎の遺したもの」(山川隆之)など、幅広い内容です。

目次

■カラー口絵 大原總一郎ゆかりの地を歩く……赤井克己
■特集★戦後65年の記憶
自分史「少年と満州」(上)……日高 一
台湾と母-引き上げ家族の戦前と戦後……下山宏昭
岡山空襲と無差別爆撃の思想-その時代の非人道的戦争観を考える……高見 茂
世にも奇妙な軍神エピソード「片山兵曹長の里帰り」を願って……米原 擴
■〈大原美術館伝説〉の背景真偽を検証する……赤井克己
■大原總一郎ゆかりの地を歩く……赤井克己
■青さんは如何にしてコフニストとなりし乎……青山 融
■岡山・地域出版覚書(2)
考古学者・近藤義郎の遺したもの……山川隆之

版元から一言

「戦後65年の記憶」を特集テーマに、会員自身の戦争体験「自分史〈少年と満州〉」(日高一)「台湾と母-引き上げ家族の戦前と戦後」(下山宏昭)や「岡山空襲と無差別爆撃の思想」(高見茂)、「世にも奇妙な軍神エピソード〈片山兵曹長の里帰り〉を願って」(米原擴)など、岡山ペンクラブ流に戦後65年を追っています。

著者プロフィール

日高 一  (ヒダカ ヒトシ)  (

1931年神戸市生まれ。早稲田大卒。58年山陽新聞社入社、津山支社編集部長などを経て89年定年退職。04年旧満州での戦争体験『間島の夕映え』が山陽新聞創刊125周年記念企画として連載される。日本ジャーナリスト会議会員。著書に『津山城物語』『夕映え』『笠岡諸島』(以上山陽新聞社)、『岡山人じゃが』(共著・吉備人出版)など。岡山市北区佐山在住。

下山 宏昭  (シモヤマ ヒロアキ)  (

1941年勝田郡勝央町生まれ。法政大学法学部卒。68年に岡山放送創立時入社、放送記者、編成局長、取締役報道制作局長など経て2005年6月に退任。現在財団法人福武教育文化振興財団顧問。主な作品暦「泰緬鉄道五人の証言」「邪宗門―日蓮宗不受不施派」ドキュメンタリードラマ「涙で絵具を・・愛の旅びと夢二」「ふるさとドラマ12本シリーズ」「娯楽ドキュメンタリー桃太郎」「今カブトガニが危ない-地球環境の証言者」「日本最初のドキュメンタリー~石井十次・愛の記録」など。著書に『岡山人じゃが』(共著・吉備人出版)など。日本民間放送連盟賞など受賞歴多数。岡山市北区津島西坂在住。

高見 茂  (タカミ シゲル)  (

1931年岡山県倉敷市真備町生まれ。明治大学卒。NHK放送記者として報道の仕事にあたり、岡山放送局副局長、鳥取放送局長を歴任。定年退職後、鳥取県の因幡万葉歴史館館長、真備町文化交流施設マービーふれあいセンター館長を務める。著書に『吉備王国残照』(東京経済)『吉備真備~天平の光と影』(山陽新聞社)『吉備ゆかりの万葉を歩く』『吉備の国から』『続・吉備の国から』(以上吉備人出版)、『岡山人じゃが』(共著・吉備人出版)など。倉敷市真備町在住。

米原 擴  (ヨネハラ ヒロム)  (

1949年大分県大分市生まれ。北九州市育ち。大阪市立大学卒。73年産経新聞社入社。岡山支局を駆け出しに、広島支局長、岡山総局長、神戸総局長、横浜総局長をはじめ、大阪新聞編集長、サンケイスポーツ大阪編集局次長など歴任、2009年4月、岡山で定年退職した。殺人、強盗事件を取材する捜査一課担当だった大阪社会部時代、警察庁指定114号事件(グリコ事件)の、ハウス脅迫事件では異例の報道協定締結に貢献した。生涯現場記者をモットーに、国鉄の分割・民営化、国旗・国歌法制化、長崎・雲仙・普賢岳火砕流災害、阪神大震災などの事件・事故を現場で取材した。岡山市中区在住。

赤井 克己  (アカイ カツミ)  (

1934年岡山市東区瀬戸町生まれ。神戸大経営学部卒。58年に山陽新聞社入社。編集局長、常務、専務を経て、98年に山陽印刷社長。02年に同社を退任しハワイ・日米経営学研究所に留学、国際ビジネスを学ぶ。英検1級、国連英検A級,V通訳英検A級。87年山陽新聞連載企画「ドキュメント瀬戸大橋」取材班代表で日本新聞協会賞受賞。著書に『67歳前社長のビジネス留学』(私家版)『おかやま雑学ノート』(第1集~第7集)、『瀬戸内の経済人』『続・瀬戸内の経済人』(以上吉備人出版)、『岡山人じゃが』(共著・吉備人出版)など。岡山市北区栢谷在住。

青山 融  (アオヤマ トオル)  (

1949年岡山県津山市生まれ。東京大学法学部卒。74年に日本交通公社『旅』編集部に入社。80年にUターンして株式会社アスに入社。『月刊タウン情報おかやま』編集長、出版企画部長などを経て、02年から雑誌『オセラ』編集長を経て現在は顧問。趣味は古墳探訪、ミステリ読書、岡山弁研究。著書に『岡山弁会話入門講座』(アス)『岡山弁JAGA!』(アス)、『岡山人じゃが』(吉備人出版)など。岡山市中区海吉在住。

山川 隆之  (ヤマカワ タカユキ)  (

1955年岡山市生まれ。三重大学農学部卒。伊勢新聞記者、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に(株)吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『学校の木』『おかやまの建築家』『のれん越しに笑顔がのぞく』『粘着の技術-カモ井加工紙の87年』などの編集を担当。(株)吉備人代表取締役。NPO法人アートファーム理事。岡山市中区浜在住。

上記内容は本書刊行時のものです。