版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
岡山人じゃが2009 高見 茂(著) - 吉備人出版
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|地方小
直接取引: あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784860692407

岡山人じゃが2009

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:吉備人出版
A5判
189ページ
並製
定価 1,000円+税
ISBN
978-4-86069-240-7   COPY
ISBN 13
9784860692407   COPY
ISBN 10h
4-86069-240-3   COPY
ISBN 10
4860692403   COPY
出版者記号
86069   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2009年8月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

地域総合文化誌に生まれ変わった「岡山人じゃが」
巻頭特集は「倉敷チボリ公園はなぜ閉園に追い込まれたか」。
迷走の末閉園になった倉敷チボリ公園。最後の社長・坂口正行さんの苦闘を通して、「チボリとは何だったのか」を検証する。
このほか「津山城跡の石垣守った旧会津・米沢藩士」や革命家・片山潜の娘たちの生涯を追った「モスクワに死す―革命家の娘たち―」など、岡山ペンクラブ会員による全7作品。

目次

カラー口絵 チボリ残影
特集◎倉敷チボリ公園はなぜ閉園に追い込まれたか
チボリ・ジャパン社最後の社長坂口正行さんの苦闘2年半……赤井克己
○ミニ解説「倉敷チボリ公園事業検証報告書」
○チボリ公園(岡山、倉敷)の構想から閉園までの経過
○取り壊し進む倉敷チボリ公園

五・一五事件への軌跡 それをめぐる新聞論調……高見 茂
津山城跡の石垣守った旧会津・米沢藩士……日髙  一
「前略 三玲の少年時代ですが…」……糸島 誠
モスクワに死す―革命家の娘たち―……下山宏昭
横溝正史はどこまで岡山弁に堪能だったか? 金田一耕助の「岡山もの」から探る……青山 融
岡山・地域出版覚書「手帖舎・岸本徹さんと装丁家・宮園洋さんのこと」……山川隆之

著者プロフィール

高見 茂  (タカミ シゲル)  (

1931年岡山県倉敷市真備町生まれ。明治大学卒。NHK放送記者として報道の仕事にあたり、岡山放送局副局長、鳥取放送局長を歴任。定年退職後、鳥取県の因幡万葉歴史館館長、真備町文化交流施設マービーふれあいセンター館長を務める。著書に『吉備王国残照』(東京経済)『吉備真備~天平の光と影』(山陽新聞社)『吉備ゆかりの万葉を歩く』『吉備の国から』『続・吉備の国から』(以上吉備人出版)、『岡山人じゃが』(共著・吉備人出版)など。倉敷市真備町在住。

赤井 克己  (アカイ カツミ)  (

1934年岡山市東区瀬戸町生まれ。神戸大経営学部卒。58年に山陽新聞社入社。編集局長、常務、専務を経て、98年に山陽印刷社長。02年に同社を退任しハワイ・日米経営学研究所に留学、国際ビジネスを学ぶ。英検1級、国連英検A級,V通訳英検A級。87年山陽新聞連載企画「ドキュメント瀬戸大橋」取材班代表で日本新聞協会賞受賞。著書に『67歳前社長のビジネス留学』(私家版)『おかやま雑学ノート』(第1集~第6集)、『瀬戸内の経済人』(以上吉備人出版)、『岡山人じゃが』(共著・吉備人出版)など。岡山市北区栢谷在住

下山 宏昭  (シモヤマ ヒロアキ)  (

1941年勝田郡勝央町生まれ。法政大学法学部卒。68年に岡山放送創立時入社、放送記者、編成局長、取締役報道制作局長など経て2005年6月に退任。現在財団法人福武教育文化振興財団顧問。主な作品暦「泰緬鉄道五人の証言」「邪宗門―日蓮宗不受不施派」ドキュメンタリードラマ「涙で絵具を・・愛の旅びと夢二」「ふるさとドラマ12本シリーズ」「娯楽ドキュメンタリー桃太郎」「今カブトガニが危ない-地球環境の証言者」「日本最初のドキュメンタリー~石井十次・愛の記録」など。著書に『岡山人じゃが』(共著・吉備人出版)など。日本民間放送連盟賞など受賞歴多数。岡山市北区津島西坂在住。

日高  一  (ヒダカ ヒトシ)  (

1931年神戸市生まれ。早稲田大卒。58年山陽新聞社入社、津山支社編集部長などを経て89年定年退職。04年旧満州での戦争体験『間島の夕映え』が山陽新聞創刊125周年記念企画として連載される。日本ジャーナリスト会議会員。著書に『津山城物語』『夕映え』『笠岡諸島』(以上山陽新聞社)、『岡山人じゃが』(共著・吉備人出版)など。岡山市北区佐山在住。

糸島 誠  (イトシマ マコト)  (

1938年岡山県総社市生まれ。岡山大学法文学部卒。61年山陽放送(株)入社。報道制作局長、放送実施局長を経て99年常務、03年に山陽映画(株)社長。山陽放送時代には数多くのテレビ番組を制作、67年に「天の山」で芸術祭奨励賞、73年に「同意書」77年に「入港拒否」で民放連盟賞テレビ社会部門優秀賞を受賞。著書に『岡山人じゃが』(吉備人出版)など。岡山市北区一宮在住。

青山 融  (アオヤマ トオル)  (

1949年岡山県津山市生まれ。東京大学法学部卒。74年に日本交通公社『旅』編集部に入社。80年にUターンして株式会社アスに入社。『月刊タウン情報おかやま』編集長、出版企画部長などを経て、02年から雑誌『オセラ』編集長を経て現在は顧問。趣味は古墳探訪、ミステリ読書、岡山弁研究。著書に『岡山弁会話入門講座』(アス)『岡山弁JAGA!』(アス)、『岡山人じゃが』(吉備人出版)など。岡山市中区海吉在住。

山川 隆之  (ヤマカワ タカユキ)  (

1955年岡山市生まれ。三重大学農学部卒。伊勢新聞記者、生活情報紙「リビングおかやま」編集長を経て95年に(株)吉備人を設立。『絵本のあるくらし』『岡山人じゃが』『学校の木』『おかやまの建築家』などの編集を担当。(株)吉備人代表取締役。NPO法人アートファーム理事。岡山市中区浜在住

岡山ペンクラブ  (オカヤマペンクラブ)  (著/文

2003年6月に発足した文化団体。岡山の文化の発展を願い、積極的に発言・提言することを目的としている。現在の会員は、地元新聞社、放送局、出版社で活躍したOBや現役編集長など文筆活動にかかわる人たちが中心である。これまでに『岡山人じゃが-〈ばらずし的県民性論〉』(2004年)、『岡山人じゃが2-〈ばらずし的県民〉の底力』(2005年)など『岡山人じゃが』シリーズ第4集までを出版。

上記内容は本書刊行時のものです。