版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ディケンズ全集 書簡集Ⅰ 1820-1839年 田辺洋子(翻訳) - 萌書房
..

ディケンズ全集 書簡集Ⅰ 1820-1839年

発行:萌書房
A5判
縦215mm 横153mm 厚さ40mm
重さ 1100g
836ページ
定価 8,000円+税
ISBN
9784860651435
Cコード
C0398
一般 全集・双書 外国文学、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年1月15日
書店発売日
登録日
2020年12月10日
最終更新日
2020年12月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

『オリヴァー·トゥイスト』『二都物語』など,今なお世界中の多くの人に読まれ,映画・演劇・ミュージカル作品としても親しまれる小説群を生み出したヴィクトリア朝時代イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの個人訳による全集。これまでに田辺氏により邦訳出版された小説作品や寄稿集を修正,あるいは改訳したものに,全12巻からなる書簡集を加えた,日本で初めての全集。第1回目の配本はとなる本書は,小説家として地歩を固める『オリヴァー・トゥイスト』完結前後までの,友人や出版社・編集者,後に妻となるキャサリン・ホガースらとの交流を物語る1,061通を収める書簡集。

目次

凡 例

ディケンズ略年譜 1812年―1839年
書簡集Ⅰ 1820―1839年
訳者あとがき
名宛人索引

著者プロフィール

田辺洋子  (タナベヨウコ)  (翻訳

1955年広島県に生まれる(現在,広島経済大学教授)。1999年広島大学より博士(文学)号授与。
【著書】
『「大いなる遺産」研究』(広島経済大学研究双書第12冊,1994年),『ディケンズ後期四作品研究』(こびあん書房,1999年)
【訳書】)
『互いの友』上・下(こびあん書房,1996年),『ドンビー父子』上・下(同,2000年),『ニコラス・ニクルビー』上・下(同,2001年),『ピクウィック・ペーパーズ』上・下(あぽろん社,2002年),『リトル・ドリット』上・下(同,2004年),『デイヴィッド・コパフィールド』上・下(同,2006年),『荒涼館』上・下(同,2007年),『骨董屋』(同,2008年),『大いなる遺産』(溪水社,2011年),『クリスマス・ストーリーズ』(同,2011年),『クリスマス・ブックス』(同,2012年),『逍遥の旅人』(同,2013年)などチャールズ・ディケンズの全主要作品。

上記内容は本書刊行時のものです。