版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
メルトダウンする文学への九通の手紙 渡部直己(著) - 早美出版社
.

メルトダウンする文学への九通の手紙

発行:早美出版社
四六判
240ページ
上製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-86042-030-7
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2005年11月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

 Ⅰ  for the Critique
第一信 丹生谷貴志へ
 村上春樹『神の子どもたちはみな踊る』に「感動」するその一文を略式〔S/△T△D〕のもとに検討する
第二信 福田和也へ
 『作家の値うち』が「世界文学の水準」と認定した小説家・石原慎太郎の諸作を多少はマジに読んでみると……
第三信 絓秀実へ
 『「帝国」の文学』における小著『不敬文学論序説』批判に応えつつ批判者当人の現在を占う
第四信 加藤典洋へ
 「テクストから遠く離れて」出鱈目かつ破廉恥な甘えにひたるその「神経症的な世界」を指弾する
第五信 斎藤環へ
 『文学の徴候』の臨床的善意のもと「くそたわけ」に回帰するその余りにもナイーヴな文学観について

 Ⅱ  for the Novel
第六信 井上ひさし・丸谷才一へ
 日本文壇に冠たる両セクシストの描く「闘う女」たちは果然、大西巨人『深淵』に生ずるアポリアも知らなげに……
第七信 中原昌也へ
 長篇小説『あらゆる場所に花束が……』の焚きつけるフランボワイヤン様式の「小火(ぼや)」に手をかざしながら
第八信 高橋源一郎へ
 辻仁成の「こそ泥」小説を称賛するその頽廃を嘆じつつ、三浦俊彦・阿部和重の意欲作を論ず
第九信 島田雅彦・星野智幸へ
 その「天皇小説」のPC的な善導姿勢に阿部和重『シンセミア』の不逞な邪気を引き寄せてみると……

  後記 あるいは 宛名のない十通目の手紙

版元から一言

この一線を踏み落としたら「文学」に未来はない!
丹生谷貴志、福田和也、加藤典洋、高橋源一郎……。現代日本文学の批評家・小説家たちを、愛と罵声の入り交じった著書がこれでもかとボコボコにする、痛快無比な文芸批評。

著者プロフィール

渡部直己  (ワタナベナオミ)  (

1952年東京生まれ。文芸評論家。著書に『〈電通〉文学にまみれて ― チャート式小説技術時評』(太田出版)『谷崎潤一郎 擬態の誘惑』(新潮社)『日本近代文学と〈差別〉』(太田出版)『現代文学の読み方・書かれ方』(河出書房新社)『不敬文学論序説』(ちくま学芸文庫)『かくも繊細なる横暴 ― 日本「六八年」小説論 』(講談社)ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。