版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
実践! て・あーて 美須賀病院看護部(著/文) - 創風社出版
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり(愛媛県内の書店様は愛媛教販を利用できます)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

実践! て・あーて (ジッセン テ・アーテ) 美須賀病院看護事例集 (ミスカビョウインカンゴジレイシュウ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:創風社出版
A5判
価格 1,200円+税
ISBN
978-4-86037-310-8   COPY
ISBN 13
9784860373108   COPY
ISBN 10h
4-86037-310-3   COPY
ISBN 10
4860373103   COPY
出版者記号
86037   COPY
Cコード
C3047  
3:専門 0:単行本 47:医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年12月15日
最終更新日
2021年12月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

川嶋みどり提唱の看護の基本「て・あーて」を学び、日々その実践に取り組んでいる一地方の病院看護師たちの報告。看護師の手を用いたケア「て・あーて」実践の成果を、現場(看護師ら医療スタッフ・患者・患者家族)から語る。「私はともかく手応えのあった実践を言葉化してまとめておきたいと思いました。こうしてまとめておけば、後日その根拠を明らかにする資料にもなることでしょう。」(看護部総師長・重見美代子「はじめに」より)

目次

1.出版に寄せて…川嶋 みどり
2.はじめに…重見 美代子

3.第1部

 3-1.Ⅰ 心に残る事例など
  3-1-1.思いで深い事例(重見 美代子)
  3-1-2.Sさんのこと(壷内 広美)
  3-1-3.かぁ君(仮名)(松原 利與子)
  3-1-4.3か月ぶりの空(菅 薫)
  3-1-5.終末期だったはずのUさん(壷内 広美)
  3-1-6.退院目前のAさんの肺炎(重見 美代子)
  3-1-7.外来での「て・あーて」の実践を通しての学び(尾田 朱美)
  3-1-8.ノーリフティング導入にかかわって(村上 康浩)
  3-1-9.ノーリフティングケアに救われた父(菅 梨央)
  3-1-10.「て・あーて」について(弓削 知世)
  3-1-11.父の闘病(菅 薫)
  3-1-12.看護の原点を忘れずに(大仁田 雅子)
  3-1-13.「て・あーて」に学ぶ(服藤 恋子)
  3-1-14.患者を癒す手(田窪 紗希)
  3-1-15.て・あーてに出合って(八木 利恵)
  3-1-16.日常生活のひとこま(越智 琴美) 
  3-1-17.美須賀病院に入職して(大澤 佑未子)

 3-2.Ⅱ 現場からの報告
  3-2-1.「て・あーて」を実践して(菊川 真美)
  3-2-2.看護の原点「手」を用いたケア(村上 みどり 他)
  3-2-3.口から食べられる幸せ(療養病棟看護師一同)
  3-2-4.今、求められる看護の力(田中 真一朗 他)
  3-2-5.回復期リハビリ病棟でのチームアプローチ(岡部 晃弘)
  3-2-6.協働でシーチング(井上 諒)
  3-2-7.VFから考える、摂食嚥下障害に対する多職種連携(大澤 聡・森岡新之助・篠塚 剛)

4.第2部 患者さん ご家族の声

 4-1.「て・あーて」に出合って-心のマッサージも(横田 サト子)
  4-1.義父の転院(患者家族)
  4-2.美須賀病院にエール(岡 眞子)
  4-3.ケアのちから(森 智子)

5.おわりに

前書きなど

「私はともかく手応えのあった実践を言葉化してまとめておきたいと思いました。こうしてまとめておけば、後日その根拠を明らかにする資料にもなることでしょう。」(看護部総師長・重見美代子「はじめに」

著者プロフィール

美須賀病院看護部  (ミスカビョウインカンゴブ)  (著/文

愛媛県今治市で開業している医療法人朝陽会 美須賀病院の看護部の看護師たちの編集による。代表は看護部総師長・重見美代子。本病院では地域に密着したサービスの提供を目指しており、平成25年5月に、看護部の学習会で川嶋みどり氏の講演会を実施。また、26年には、重見が川嶋みどり氏が代表を務める一般社団法人日本て・あーて(TE・ARTE)推進協会が主催した「て・あーて塾」に参加。この学びを現場にフィードバックし、みんなで「て・あーて」に取り組みたいと考え実践している。2015年『「て・あーて」に学ぶ 川嶋みどり講演会『今求められる看護の力』によせて』出版。

上記内容は本書刊行時のものです。