版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
はばかり人生 木下 博民(著/文) - 創風社出版
.

はばかり人生

発行:創風社出版
A5判
336ページ
並製
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-86037-277-4
Cコード
C0023
一般 単行本 伝記
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2019年6月2日
最終更新日
2019年6月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

宇和島をこよなく愛した郷土史家、最後の著作
わたしは昭和を「はばかり時代」といいたい--はばかる心、その場所(トイレ)、そして排泄物まで、「はばかり」を主題に人生を語るユニークな自分史。子供時代のトラウマから戦場の苛酷な体験、そして大病を得ての身体的経験等々を赤裸々に綴る。
古今東西の豊富なエピソードを紹介する「排泄文化考」も収める

目次

憚りながら

第1部 戦争の激流

 序章 便利の「便」は便所にも
  生涯柔順でこそ便 /トイレ語さまざま/長い中国史のトイレ語/仏教、特に禅宗のトイレ感覚/公衆トイレの呼称/高貴な方々と庶民のトイレ語進化/厠上沈思、楽しからずや

 第1章 幼年
  出生地・出生日・命名の混乱/逆子/出せなかった賀状と三枚の古写真/痛便に泣く/飛んでった奴凧/溺れる/天罰覿面だ!「走り込み」に小便/転居、貧困のはじまり/幼稚園/海釣りと放尿/沖仲仕になった父親/無理やり連れてゆかれた金光教会/子鷹汚水に漂う

 第2章 少年
  小学校に入学/学校の怖い便所/閻魔様ご開帳/・弁当の銀蝿/疫痢と回虫駆除/新校舎 /我家が消えた/リンゲル注射/廃屋の住人/内職簇カタメ/拾った犬/爆弾三勇士/音痴/非常時日本/父親の実家/五右衛門風呂と肥溜め/勝手に決めた進学/部活、やっと園芸部/自家製肥料と糞土/水泳と六尺褌/糞尿の薬効/野糞で始まった盧溝橋事件/交錯する出征と英霊/須賀通裏長屋/御親閲と晒木綿/就職面接場所の洋式トイレ/

 第3章 青年 その一
  就職/河内山本、住友自勝寮/厳しくなる食糧事情/青春の大切な友人/北浜五丁目二二番地/他愛ない仕事庶務課/戦果、南アジアを覆う/はじめての本土空襲/いざ征け、兵

 第4章 青年 その二
  出征準備の兵営/中国戦線へ/湖泗橋警備隊/飯上げ使役/警備隊の便所/殺戮体験その一 /殺戮体験その二 /殺戮体験その三/警備地、桃林へ/桃林幹部候補生教育隊/取り上げられた帯剣/谷間の一本路で遭遇戦/マラリア、慢性下痢、下股潰瘍/露語教育隊分遣/ホテル「ニューハルビン」/ペチカと糞尿の石筍/卑怯な進級作戦/体力回復/露語教育高等科/中支の原隊へふたたび/洞庭湖畔廃墟の岳州/敵機に狙われながら野糞/新開塘の留守隊/便衣青年の脳味噌/岳州兵站病院/悶死の新兵/糞だらけの遺棄患者/狂った中峯軍曹/練成班という使役要員/道越准尉、前戦から帰隊/武昌兵站「大東亜寮」/落伍兵の収容/夜盲症、便所の失敗

 第5章 青年 その三
  敗戦//朦朧たる夜行軍/九江兵站の塵になった戦友/混雑の渡河点で宮本辰巳少尉と奇遇/炎天下長江敗軍行/日俘集中営/糧秣庫監視哨と沈徳炎の友情/沈さん女房とキニーネ/丁家橋監視哨閉鎖/蒋介石を喰う/屋根藁吹っ飛ばした台風/武装 解除/秣陵関道路改修/遺骨無し遺骨箱/厳冬の肥溜めで糞鬼になる/『左伝』の糞槽溺死事件/南京の清掃使役/中国人医師と交友はじまる便所掃除/少年憲兵と糞汚れ握手/塵の中の乳児死体/復員船/負けるが勝ちの生き残り

 第2部 平和への夢

 第6章 壮年
  飢餓戦争熾烈/満員列車の下痢便騒動/『陰翳禮讃』/東京生活はじまる/走り過ぎたゼネストの弾圧/GHQの急ぐ民主教育/漁夫の利を得た朝鮮戦争/日本共産党弾圧/赤狩りと旧軍人の活用 /被占領期の奇ッ怪事件/(その一 帝銀事件/その二 玉川上水自殺事件/その三 天皇全国ご巡幸と赤旗/その四 女性名台風東京を直撃/その五 鉄道連続奇ッ怪事件)/超インフレに揺らぐ石炭会社/実らなかった趣味/自立劇団という危険な集団/黒から白へ事業転換/転職作戦/赤狩り予備軍/鞴祭とボーイさんストライキ/不動産俄ベテランの反省/三田の汚穢御殿/工場の朝、便所巡回/臭いぞ、厚生課員の飲み食い/厚生課を子会社に分離/突然処罰 第一業務部長免職/部下無し開発部から全社業務の統括へ/スイミングスクール開校/赤字子会社でも社長は社長/NECの社長から大目玉、会長から賛辞

 第7章 排泄文化考 その一
  膵臓癌を伏せられた昭和天皇/・思わぬ収入で平成排泄旅行/トイレットペーパー/籌木/桂離宮の樋殿/昭和の庶民便所紙/『古事記』に載った惨劇の厠/奈良 川屋と糞置村/糞(屎)には異常な魅力があった/貴族の樋殿と金隠し/「源氏物語」の滑稽色情譚/京の繁華街「錦の小路」由来/犬の糞説教/犬矢来/大原女の立小便/東福寺東司/明治天皇の御厠/新島襄家の洋式便所/江戸、長屋の便所/アイヌの厠/ヒマラヤ 神秘の排泄 (① ジャングルへ行く ② 牛のウンコで雑巾がけ ③ 井戸の大腸菌)

 第8八章 排泄文化考 その二
  中国トイレ旅行/厠へ逃げた鴻門の劉邦/鴻門の農家 砂厠/幼児の開襠/中国農家と豚/文字通り「?」といえる厠/戚姫を人?にした呂后/「解手」が「用便する」とは/北京の公厠/ニーハオ・トイレ/最後の中国野糞

 第9章 排泄文化考 その三
  映画の排泄シーン/南予の肥溜め奇談 三題(一題 渥美清の『喜劇団体列車』/二題 宇和空予科練分隊士、肥溜めにドボン/三題 予科練外地組の俄百姓「誠敬舎」)

 第10章 老いの癌戦争
  我家のトイレ/平成癌戦争/第一回戦 左副腎癌の手術/第二回戦 悪性リンパ腫(通称・血液癌)、抗癌剤投与/第三回戦 大腸(上行結腸)癌の手術/第四回戦 深部肝臓癌の手術/第五回戦 混合型肝臓癌再発/(① カテーテルによるか肝動脈化学塞栓治療 ② 肝臓手術に再挑戦)

 第11章 癌戦争を終えるには
  第六回戦 末期癌の肝臓と肺臓/病、膏肓に入る/帰去来、昭和の宇和島/トイレの神々(仏教の厠神、『古事記』の神々、『日本書紀』の神々)

 終章 終末人生の気力
  糞尿の東西感覚/「はばかり人生」の残り滓 /辞世歌

 あとがき

 参考文献
 木下博民著作一覧

著者プロフィール

木下 博民  (キノシタ ヒロタミ)  (著/文

木下 博民(きのした ひろたみ)経歴 
1922年 愛媛県宇和島市で生まれる。
1940年 市立宇和島商業学校卒業。住友鉱業株式会社入社。
1942年 出征 中国・湖北省、湖南省、東北ハルビンなど大陸を彷徨。
1945年 実家は宇和島空爆により、吉野生村(現、松野町)へ疎開。
1946年 復員後、井華鉱業株式会社(住友鉱業株式会社の後身)に復職。
1960年 日本電気株式会社(NEC)に移籍。
1970年 NEC 分身会社・日電厚生サービス株式会社(現、株式会社NECライベックス)設立と同時に出向。
1981年 同社専務取締役。
1983年 NEC 分身会社・株式会社日本電気文化センター(現、NECメディアプロダクツ株式会社)社長。
1989年 退任。
2018年6月8日 死去

上記内容は本書刊行時のものです。