版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
港町純情シネマ 吉村 信男(著/文) - 創風社出版
.

港町純情シネマ

発行:創風社出版
四六判
244ページ
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-86037-274-3
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2019年6月2日
最終更新日
2019年6月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

人生の呪縛からあがきながらも抜け出そうとする6人の主人公たち。だが辿り着いたのは黄昏迫る終着駅だった。生きることの悲哀と愛惜を鮮やかに描いた6つの短編集。

今治を舞台に文学・演劇の活動をしてきた吉村信男の小説集。集大成としてまとめられた一冊で、敗戦の色濃い地方(愛媛県)で新しい時代を夢見ながら慎ましく暮らす人々の哀歓を、情感豊かに描く。愛媛の女性映写技師第一号の羽藤キヨミをモデルにした表題作など、6編を収める。

目次

【殉職】電話交換室
【贋作】苦い絵
【震災】内海漂流3
【客死】落ちた偶像
【入水】紅島心中
【銀幕】港町純情シネマ

あとがき
初出一覧

前書きなど

夏目漱石は『草枕』の中で「この世を作ったのは神でも鬼でもない。向こう三軒両隣の人びとである」という意味のことを書いている。吉村君の作品は、政治家や大富豪や著名人でもなく、どこにでもいる市井の人びとを取り上げ、人間の生きる哀しみを端正な文体で描いている。収録の6作品のうちハッピーエンドは1作もないが、歴史的な現実から目をそむけることなく、真正面から取り組み記録しようとする作者の確かな姿勢を読み取ることができる。(木内幹郞氏・評)

著者プロフィール

吉村 信男  (ヨシムラ ノブオ)  (著/文

1944年 釜山生まれ
旧愛媛県越智郡吉海町幸(大島)出身
立命館大学文学部哲学科卒業
愛媛県今治市在住

今治市民演劇脚本執筆
今治城築城・開町400年祭記念事業
『藤堂高虎物語 青雲の城』2部18場
       (2004年10月公演)

著書 作品集『還らざる翼』(私家版)
   写真集『わが心の渡海船』(私家版)

上記内容は本書刊行時のものです。