版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
放射線心身症? : 福島原発放射線より日常にあるはるかに恐ろしいもの 加藤 直哉(著) - 医療科学社
...

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

9784860035051

放射線心身症? : 福島原発放射線より日常にあるはるかに恐ろしいもの

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:医療科学社
縦190mm
186ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-86003-505-1   COPY
ISBN 13
9784860035051   COPY
ISBN 10h
4-86003-505-4   COPY
ISBN 10
4860035054   COPY
出版者記号
86003   COPY
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2011年10月
登録日
2018年2月17日
最終更新日
2018年2月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

東日本大震災での原発事故は低線量事象であり、被曝で生命に危険が及ぶことはない。むしろ、行政と報道の混乱等での心理的ストレスが「放射線心身症」ともいうべき健康障害を生む。それよりも、現代日本人の食生活にこそはるかに恐ろしいものがある。無用な不安よりも、必要な知識で立ち向かう救済のメッセージ。

目次

第1部 「放射線と人体」の本当の話(日本中を覆う放射線恐怖
放射線を難しくする単位の整理
晩発性障害の問題
放射線を高線量、短期に受けたときの長期的影響
チェルノブイリ事故
放射線で最も恐ろしいもの、それは「風評被害」
一九六〇年代、世界はどの時代より放射線にまみれていた
「直線しきい値なし仮設」で押し切ることの困難)
第2部 放射線よりはるかに恐ろしい日常の話(福島原発放射線よりはるかに恐ろしいもの
放射線より恐ろしい食事の問題
恐怖の砂糖
恐怖の油
放射線よりはるかに大量に襲いかかる食品添加物
放射線より恐ろしい本当の話~肥満
放射線より恐ろしい本当の話~喫煙
放射線よりはるかに恐ろしい日常の話の結論)

上記内容は本書刊行時のものです。