版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
NUIDEMITA - 脱いでみた。2 - 花盛 友里(著/文) - ワニブックス
..

NUIDEMITA - 脱いでみた。2 -

A5判
184ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784847099311
Cコード
C0072
一般 単行本 写真・工芸
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年6月
書店発売日
登録日
2020年6月5日
最終更新日
2020年6月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「現実はなにも変わってないけれど、わたしの世界はほんの少し変わりました」(20代OL)
「わたし、ちゃんと女の子なんだ、って実感できました」(20代学生)

「アートでもエロでもない、普通の女の子の、普通の日常にあるヌード」をモチーフにした作品が高く評価されている写真家・花盛友里待望の5作目の写真集は、写真加工一切なし。
SNSでは加工された顔が当たり前になってる世の中。自分を見失っている女性も多いが、花盛はそれを頭から否定するのでなく「ありのままでいいんだよ」と優しく伝える。「あざも、垂れたおっぱいも、傷も全部生きてきた証し。あなただからいい。本当だから美しいんじゃないかな」という思いでシャッターを切る。
インスタグムのアカウント「nuidemita」の作品撮りには撮影希望者は殺到するが、撮影はきっちり先着順で、当日が初対面。それなのに会って5分で自ら下着を脱ぐ彼女たちの表情はみな明るく、屈託がない。マンツーマンという閉ざされた世界だからか、そこで醸し出されるのはプライベートのようなリラックス感と圧倒的開放感。
“女の子”を存分に楽しんでいる36人の、あまりにも赤裸々で、あまりにも可愛い東京リアルヌード。目の前に広がる、シャッターがかける魔法をご覧ください。

※初回版は限定のプレミアム“ダブルカバー”!

上記内容は本書刊行時のものです。