版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
渡部恒三伝 笠井尚(著/文) - 論創社
.

渡部恒三伝 次代へと託す、魂の遺言

発行:論創社
四六判
縦194mm 横135mm 厚さ22mm
316ページ
上製
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-8460-1995-2
Cコード
C0023
一般 単行本 伝記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年11月20日
書店発売日
登録日
2020年9月4日
最終更新日
2020年10月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2020年8月に急逝した渡部恒三氏を偲ぶ、追悼出版。「政界の水戸黄門」の愛称で多くの人に親しまれた、会津っぽ政治家の生い立ちから晩年までを克明に取材。二大政党制の実現に尽力した“信念の人”の魅力を余すところなく描きつくす決定版評伝。

目次

第一章 会津っぽの二大政党論
第二章 良き師良き友に恵まれる
第三章 東北のケネディとして国政へ
第四章「今太閤」の角栄に共感
第五章 第二次中曽根内閣で厚生大臣
第六章 海部内閣で自治大臣・国家公安委員長
第七章 宮澤内閣で待望の通産大臣
第八章 竹下派分裂と非自民連立政権
第九章 新進党分裂と小泉旋風
第十章 民主党の最高顧問最後に政界引退

著者プロフィール

笠井尚  (カサイ タカシ)  (著/文

笠井尚(かさい・たかし)
昭和27年会津若松市生まれ。県立会津高校から法政大学文学部哲学科卒業。主な著書に『最後の会津人伊東正義』、『会津に魅せられた作家たち』、『勝常寺と徳一』(以上歴史春秋社)、『山川健次郎と乃木希典』(長崎出版)、『白虎隊探究』、『会津人探究』『仏都会津を今の世に』(以下ラピュータ)、『我天に恥じず 保守政治家八田貞義』(會津日報)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。