版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
絵画へ 1990-2018美術論集 母袋 俊也(著/文) - 論創社
.

絵画へ 1990-2018美術論集

発行:論創社
A5判
縦216mm 横155mm 厚さ32mm
448ページ
上製
価格 3,800円+税
ISBN
978-4-8460-1801-6
Cコード
C0071
一般 単行本 絵画・彫刻
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年4月15日
書店発売日
登録日
2019年3月12日
最終更新日
2019年4月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

"1954年生まれの美術家、母袋俊也は、東京造形大学に学び1983年に渡独。旧西ドイツのフランクフルト美術大学学長で著名な画家、美術史家、哲学者のライナー・ヨヒムスに学ぶ。87年まで西独逸で美術活動を行い帰国後、東京造形大学で教鞭を執り、美術活動・研究活動を行う。越後妻有アートトリエンナーレなど国際的な美術展にも多く参加し、国内はもちろんドイツ、トルコなどで個展、グループ展を行う。母袋は作品創作とともに研究論文などを多く書き続け、それは数冊の書物にまとまっている。母袋はゲーテ色彩論を論じ、「フォーマート」(サイズ、縦横比)という概念で絵画と精神性を分析する。このたび1990年から書き綴った多くの文章、対話、エッセイなどを一冊にまとめた。対話の相手は、水沢勉、林道郎、本江邦夫、梅津元など当代一級の美術家、美術研究者であり、時にスリリングに母袋の作品、そして美術が語られる。
"

目次

母袋俊也作品/一 論考/ 絵画の内側から見たゲーテ色彩論―実作家による色彩試論/ 絵画における信仰性とフォーマートー偶数性と奇数性をめぐって/二 対論/梅津 元(埼玉県立近代美術館主任学芸員)との対話/林 道郎(上智大学教授)との対話/粂川麻里生(慶応大学文学部教授)との対話/金井 直(信州大学准教授)との対話/本江邦夫(多摩美術大学教授)との対話/水沢 勉(神奈川近代美術館館長)との対話/三 随考/「画布の向こう側」など美術随想37本/ 「パウル・クレー」など書評4本/四 断章/

著者プロフィール

母袋 俊也  (モタイトシヤ)  (著/文

1954年、長野県生まれの画家。東京造形大学教授(2019年まで)。1978年、東京造形大学絵画専攻卒業。1983年、旧西ドイツ、フランクフルト美術大学絵画・美術理論科でライマー・ヨヒムス教授に学ぶ。1987年までドイツで活動。帰国後「フォーマートと精神性」をテーマに制作展開する。個展、2006年「風景・窓・絵画 アーティストの視点から:母袋俊也の試み」埼玉県立近代美術館(常設展特別展示)、2017年「母袋俊也 Koiga-Kubo 1993/2017 そして〈Qf〉」奈義町現代美術館、国内外で多数。越後妻有アートトリエンナーレなどにも参加。著書『絵画のための見晴らし小屋』(BLUE ART)、『母袋俊也 絵画』(BLUE ART)、共著『成田克彦「もの派」の残り火と絵画への希求』東京造形大学現代造形創造センター。

上記内容は本書刊行時のものです。