版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
キャラクターからつくる物語創作再入門 K.M.ワイランド(著/文) - フィルムアート社
.

キャラクターからつくる物語創作再入門 「キャラクターアーク」で読者の心をつかむ

A5判
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-8459-1822-5
Cコード
C0090
一般 単行本 文学総記
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2019年3月8日
最終更新日
2019年4月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ストーリーにさらなる輝きを与えるための、
本当に知りたかった創作メソッドがここに!

あなたの物語に足りないのは、
キャラクターアーク(登場人物の変化の軌跡)だった!!

キャラクターアークを理解すれば、物語の中でキャラクター(登場人物)が躍動する!!
なぜならキャラクターアークを書くことは、物語を書くことだからだ。

人物がたどる変化の軌跡=「キャラクターアーク」
《キャラクターアークの三つの基本形》
・ポジティブなアーク
・フラットなアーク
・ネガティブなアーク

キャラクターアークを作るには、まず何を考えればいいのか。
ストーリーの構成とはいつ、どのように関係し合うのか。
キャラクターアークはどんな働きをするのか。
作品の長さや内容、ジャンルに関わらず、優れたキャラクターアークを確実に作る秘訣とは何か。

キャラクターと物語構造についての理解が一気に深まる一冊。


【本書の内容】
物語創作をするうえで「人物」と「プロット」を分けて考えるのは大変危険です。
どちらか一つをおろそかにすればストーリーは危機に陥ります。
なぜなら人物がプロットを動かし、プロットがキャラクターアークを作るからです。両者は切っても切れない関係にあるのです。

プロットの構成を考える人はたくさんいますが、登場人物とその人物がたどる変化の軌跡(=アーク)に対する意識はおろそかになりがちです。人物を素直に描いていけば、心情の移り変わりは自然に表れるはずだと思われているからです。
しかしそれは大きな間違いです。

「プロットと人物は一心同体」というのはプロットの「構成」と人物の「アーク」が一体だということを意味します。
言い換えれば、人物の内面の移り変わり(=アーク)がしっかり構成できれば、プロットもテーマもしっかりと安定したものになるということです。

本書は、人物がたどる変化の軌跡=「キャラクターアーク」に注目し、キャラクターアークの基本形な三つの型について詳しく言及しながら、登場人物とストーリー構成がいつどのように関係し合うのかを説明しています。

登場人物の容姿・性格・属性・背景などをひたすら紙に書き出すだけでは、キャラクターは動き出しません。
「読者の心をつかんで揺さぶり、趣味の域をはるかに超えた深みのある作品」を書くためには、キャラクターアークへの理解が必要不可欠なのです。

キャラクターと物語の関係性を徹底的に掘り下げた、これまでになかった実践的創作術。

目次

イントロダクション
人物の心の変化をストーリーの中で構成できますか?

一章 ポジティブなアーク
1 人物が信じ込んでいる「噓」
2 人物の「WANT」と「NEED」
3 人物の「ゴースト」
4 人物の「特徴が表れる瞬間」
5 「普通の世界」
6 第一幕
7 プロットポイント1
8 第二幕の前半
9 ミッドポイント
10 第二幕の後半
11 プロットポイント3
12 第三幕
13 クライマックス
14 「解決」

二章 フラットなアーク
15 第一幕
16 第二幕
17 第三幕

三章 ネガティブなアーク
18 第一幕
19 第二幕
20 第三幕

四章 キャラクターアークについての、よくある質問
21 人物にふさわしいアークをどう選べばいいですか?
22 アークをサブプロットにしてもいいですか?
23 「インパクト・キャラクター」とは何ですか? なぜ必要ですか?
24 脇役たちにもアークは必要ですか?
25 人物に報酬と罰を与えて変化を促す方法は?
26 物語にキャラクターアークがない時は?
27 シリーズものではキャラクターアークをどう作ればいいですか?

訳者あとがき

前書きなど

この本では人物がたどる変化の軌跡を「キャラクターアーク」と呼んでお話ししていきます。実はこのキャラクターアークは「あって当然」と思われがちなもの。なぜなら、アークの本質は三つの文で言い表せてしまうからです。

1 主人公がある状態で登場する。
2 主人公が物語の中で何かを学ぶ。
3 主人公が(おそらく)前よりよい状態になる。

これがキャラクターアークの基本です。確かに単純で当たり前に聞こえますね。でも、ストーリーテラーが知っておくべきことは山のようにあるのです。

(本書「イントロダクション」より抜粋)

上記内容は本書刊行時のものです。