版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
科学者はなぜウソをつくのか 小谷 太郎(著) - dZERO : インプレス
...

科学者はなぜウソをつくのか 捏造と撤回の科学史

縦190mm
227ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-8443-7691-0
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2015年7月
登録日
2016年10月17日
最終更新日
2016年10月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

知的なはずの研究者が驚くほど幼稚なウソをつき、周囲の研究者もだまされるのはなぜ?科学史に残る「過ちの瞬間」を「撤回論文」を軸に振り返り、「科学者の夢」に迫る。

目次

第1章 STAP細胞-捏造を異物として排斥する「科学の免疫機能」
第2章 ヒトES細胞-スター科学者の栄光と転落
第3章 皮膚移植-サマーリンのぶちネズミ
第4章 農業生物学-スターリンが認めたルィセンコ学説
第5章 ナノテク・トランジスタ-史上最大の捏造・ベル研事件
第6章 118番元素-新元素発見競争でトップを狙ったバークレー研事件
第7章 常温核融合-大学間の対抗意識から始まった誤りの連鎖
第8章 旧石器遺跡-暴かれた「神の手」の正体

上記内容は本書刊行時のものです。