版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
経済認識の扉 髙橋 信勝(著) - 八千代出版
.

経済認識の扉

発行:八千代出版
A5判
220ページ
価格 2,700円+税
ISBN
978-4-8429-1749-8
Cコード
C3033
専門 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2019年6月5日
最終更新日
2019年6月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

企業・家計・政府の3つの経済主体の特徴を、経済学に主軸を置きつつ他の学問の知見を踏まえて論じ、それぞれの社会的責任について論究、経済認識を段階的に深めていけるよう構成されている。本書では、経済について、法を含めた制度を詳しく述べ、経済の現実をつかめるよう経済思想にも触れる。経済と経済学に関する知見は膨大であり、その知見に至る扉は複数あり、どれを開けばよいのかという迷いも多い。本書が読者各自の「経済認識の扉」のノブを回す一助になることを願う

目次

第1章:経済活動と経済学―自己保存、経済システム、成長志向と成長志向の再考  第2章:市場経済―価格調整メカニズムと資源配分  第3章:一国経済を全体としみる―GDP、経済成長、景気循環  第4章:貨幣と金融―「経済の血液」と経済主体のあいだを結ぶ絆  第5章:生産の担い手としての企業―市場経済社会の「私器」の性格  第6章:家計の機能とその運営―収支管理、生活設計、生産者への“protest”  第7章:政府の経済活動―非市場的な資源配分と政府の社会的責任  第8章:労働問題―少子高齢社会における多元的な共生  第9章:対外経済―国境を越える経済的自由主義  人名索引 事項索引

著者プロフィール

髙橋 信勝  (タカハシ ノブカツ)  (

明治大学政治経済学部教授。経済学史、経済思想専攻。主著に『マルサス人口論事典』(共著)、『経済思想―近代社会経済思想の比較史』(共著)など

上記内容は本書刊行時のものです。