版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
スクール・セクシュアル・ハラスメント 内海﨑 貴子(著) - 八千代出版
.

スクール・セクシュアル・ハラスメント 学校の中の性暴力

発行:八千代出版
四六判
192ページ
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-8429-1739-9
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年2月25日
書店発売日
登録日
2019年1月22日
最終更新日
2019年2月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

教育現場である学校で起こるはずはないと思われているセクハラ。しかし、「実習セクハラ調査」によりその実態が見えてきている。児童生徒にとっては学習権の侵害であり、教員にとっては労働権の侵害となるばかりでなく、就労と教育/学習環境の悪化を招くことになる。学校が、児童生徒にとって安心・安全な教育/学習の場になること、児童生徒の人権が尊重される教育/学習の場になること、そのためにスクール・セクハラが根絶されることを願って、本書を刊行

目次

1章 調査から見えるスクール・セクハラ  
2章 事例に見るスクール・セクハラの実態  
3章 事例に見る被害解決のための取り組み  
特別寄稿 法的視点からスクール・セクハラを見る  
4章 スクール・セクハラを防ぐために  
5章 スクール・セクハラはなぜ起きるか

前書きなど

発端は教育実習だった。女子学生が母校の校長に性的関係を迫られる。学生たちの報告で学校のセクハラが次々に発覚。権力構造や隠蔽体質が事態を悪化させていた。これは教育界の「闇」をえぐる渾身の「調査報道」だ。学生も親も必読の書! 
「スクールセクハラ―なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか」著者・池谷孝司氏(共同通信編集委員)推薦

版元から一言

子どもへの「スクール・セクハラ」の被害をなくし、安全・安心な学校を実現したい――。その思いがここに結集した!

著者プロフィール

内海﨑 貴子  (ウチミザキ タカコ)  (

現在、川村学園女子大学教授。専門は人権教育、ジェンダー平等教育。これまで幼稚園から高等学校までの教員養成に関わる。「差別体験授業」「子どもへの暴力防止教育」教材を開発、様々な大学の教職科目、市町村教育委員会現職教員研修等で実践を重ねている。そうした実績により鎌ヶ谷市男女共同参画推進懇談会会長、千葉県我孫子市小中一貫教育推進委員会委員長など歴任。

田中 裕  (タナカ ユウ)  (

川村学園女子大学教授。専門は生理心理学。

藏原 三雪  (クラハラ ミユキ)  (

元横浜創英大学教授。専門は教育学、ジェンダー

亀井 明子  (カメイ アキコ)  (

NPO法人 スクール・セクシュアル・ハラスメント防止全国ネットワーク代表。公立中学校教師時代に遭遇したさまざまな「暴力」を原点に、「暴力防止情報スペース・APIS」、フェミニストカウンセリング、COSMO(ドメスティック・バイオレンスのサポートグループ)、CAP(子どもへの暴力防止)など、子どもや女性に対する暴力防止を目的とした市民活動に携わってきている

岡明 秀忠  (オカミョウ ヒデタダ)  (

明治学院大学教授。専門は教育学、 科学教育、 社会科教育学。スクール・セクハラ問題、教育実習におけるハラスメント防止などについても調査、研究を重ねる

上記内容は本書刊行時のものです。