版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
まだ、これからや  植田與志夫(著/文) - 養徳社
..
詳細画像 0

まだ、これからや  信心は無限の心意気

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:養徳社
四六判
縦188mm 横127mm
重さ 221g
208ページ
定価 1,100円+税
ISBN
978-4-8426-0131-1   COPY
ISBN 13
9784842601311   COPY
ISBN 10h
4-8426-0131-0   COPY
ISBN 10
4842601310   COPY
出版者記号
8426   COPY
 
Cコード
C0014
一般 単行本 宗教
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年4月18日
書店発売日
登録日
2021年4月16日
最終更新日
2021年4月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

『さぁ、これからや』に続く第2作。
神を認めないマルキストのオルグ活動をしていた著者は、信仰の師・上本信夫先生との出会いや教会長の母の味わい深い仕込みと姿から、百八十度方向転換して信仰が始まる。
大阪京橋、信州での飲まず食わずの天理教単独布教。妻記世子との結婚。身障者の弟の単独布教。保育園、特別養護老人ホーム創設。
韓国、台湾への布教。裏街道の人たちとの交わり等々、著者が歩んだ信仰70余年の波乱万丈の道中で体験したエピソードの数々が泥臭く、ユーモアも交えて描かれている。
昨年、94歳で天理教夢ノ掛橋分教会を新設した著者渾身の書下ろし信仰エッセイ。

目次

社長 会長 ハラボジ(おじいさん)/アア、最高の幸せ者/ビョルソゲアンネ(別席のしおり)/マウチメング(心の友)/守れ、小さな約束/今日の一針、明日の十針/目映い他人の空似/アウトオブザ・ブルー/ホーイさん/おたすけ問答/風邪は何処から/ダメ押し/たすかるか、たすからないか/雨先風磨/理前の話/現場に宝/お柱サン、お壁サン、お天井サン

著者プロフィール

植田與志夫  (ウエダヨシオ)  (著/文

1926年(昭和元年)、奈良県橿原市生まれ。大阪工業専門学校原動機械科(現大阪府立大学)卒。
大阪京橋・信州にて単身で天理教布教活動後、天理教髙橋分教会長、髙尚佳分教会長就任。現在は夢ノ架橋分教会長。
よろづ相談所病院「憩の家」事情部講師、法務大臣委嘱人権擁護委員歴任。
「よのもと保育園」、特別養護老人ホーム「やすらぎ園」創設。
韓国語、中国語検定試験合格。剣道三段。関西棋院囲碁五段。
著書に、『さぁ、これからや』(養徳社刊)、『チャ・イゼプトヤ』(韓国青年会刊)、『轍の響き』(みちをせ社刊)、その他がある。

上記内容は本書刊行時のものです。