版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
文楽ナビ 渡辺保(著/文) - マガジンハウス
..

文楽ナビ

A5判
縦210mm 横148mm 厚さ25mm
384ページ
定価 3,000円+税
ISBN
9784838731282
Cコード
C0074
一般 単行本 演劇・映画
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年8月14日
最終更新日
2020年8月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

文楽の本当の見方がわかります。
 演劇評論の第一人者といっしょに、
 文楽の代表的な演目を読み進めるうちに、
 見どころ聞きどころが身につきます。
 これから文楽の世界に触れてみたい人には最高の入門書として、
 何度も文楽を見ている人には新たな発見への手引書として。
「人形は動かないときこそ大事」「浄瑠璃は全部わかろうとする必要はない」。
人形・三味線・浄瑠璃の三位一体で構成される文楽鑑賞の真髄を、演劇評論の大家がわかりやすく伝授。
「酒屋」「野崎村」「鮓屋」「俊寛」「道明寺」など16演目の見どころ、聞きどころを解説。
対話形式の展開で、すっと作品世界に入っていけます。


 

目次

渡辺保と「酒屋」を見る。

・初級編
堀川 マクラ一枚が大切
引窓 人間の情愛を聞く
野崎村 詞、地、イロの聞き分け
十種香 場面に分けてみる
・中級編
鮓屋 時代と世話の区別
太功記十冊目 時代のなかの世話
寺子屋 身代わりとモドリ
七段目「掛け合い」という技巧
・上級編
俊寛 本行は能楽
金殿 神話の裏側
渡海屋 大物浦「平家物語」の真実
熊谷陣屋 無常観
合邦 聖と汚辱の鎮魂
・卒業編
道明寺 人が神になる刻
山の段 風とはなにか

・名人列伝
名人が教えてくれたこと
昔はよかった!! でも今もいい

著者プロフィール

渡辺保  (ワタナベ タモツ)  (著/文

演劇評論家。1936年、東京生まれ。初めて歌舞伎を見たのは6歳のとき。中学生の頃から芝居を見るたびにノートをつけるようになる。古典に限らず、現代劇や舞踊についても、どこをどう見るべきなのか、積み重ねてきた方法論はとても理論的でわかりやすい。『女形の運命』で芸術選奨文部大臣新人賞、『娘道成寺』で読売文学賞、『四代目市川團十郎』で芸術選奨文部大臣賞。著書に『歌舞伎ナビ』『能ナビ』(ともにマガジンハウス)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。