版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
50歳から元気になる生き方 70代の今がいちばん健康な科学者が実践! 武田邦彦(著/文) - マガジンハウス
..

50歳から元気になる生き方 70代の今がいちばん健康な科学者が実践!

このエントリーをはてなブックマークに追加
新書判
縦173mm 横115mm
176ページ
定価 900円+税
ISBN
978-4-8387-3071-1   COPY
ISBN 13
9784838730711   COPY
ISBN 10h
4-8387-3071-3   COPY
ISBN 10
4838730713   COPY
出版者記号
8387   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年10月2日
最終更新日
2019年10月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

人間は何歳からでも「健康寿命」を延ばせる!
年を重ねるごとに上部になった、理系・工学博士が説く
“免疫力”を高めるヒント

厚生労働省のまとめによると、平成29年(2017)、日本人の平均寿命は男性81.09歳、女性87.26歳で、前年度に引き続き、過去最高を記録しました。
日本の医療技術は世界トップクラスです。今後も平均寿命は延びていき、90歳を超え、100歳に近づくでしょう。
この「人生100年時代」を、科学的に考えるとどうなるでしょうか。
最初の50年は「生物として生きている意味のある」時代、後の50年は「生物としては生きている意味のない」時代です。
科学的に見て、最初の50年と後の50年とでは生きる意味が明らかに違うのです。
私は、前半の50年を「第一の人生」、後半の50年を「第二の人生」と呼んでいます。「50歳から新しい人生が始まる」ということなのですが、これは決して比喩的な表現ではありません。
第二の人生50年は、現代という時代になってこそ人間が手に入れた新しい経験です。
だからこそ人生100年時代には希望があり、そこには科学的な根拠がちゃんとあります。(「まえがき」より)

本書のテーマは、「健康のウソを見抜いて、健康長寿になる」。
「人生百年時代」という人類が今まで経験したことのない新時代を迎えた今、「健康で幸せな生活を手にするためにはどうしたらいいのか」を工学博士が科学的に考察。
巷にあふれる「健康法」「幸福論」は果たして役に立つのか……?
「老化」や「病気」、「いつまで働けるのか」という不安を抱えるすべての人におくる一冊です!

●「第二の人生50年」をどう生きるか
●「人の役に立つ」ことが長生きのコツ
●「健康のウソ」に振り回されないために
●「血圧」は気にしなくていい
● 薬に頼らず、免疫力を上げる
● 不眠に効く!「武田式睡眠法」
●「こころ」を健康に保つ秘訣
● 自然体のアンチエイジングを …etc.

目次

第1章 「生」と「死」には意味がある
第2章 「健康のウソ」に振り回されないために
第3章 あわてずに「第二の人生」に備える
第4章 「人生100年時代」の心構え

著者プロフィール

武田邦彦  (タケダクニヒコ)  (著/文

1943年東京都生まれ。工学博士。専攻は資源材料工学。東京大学教養学部基礎学科卒業後、旭化成工業に入社。同社ウラン濃縮研究所所長、93年芝浦工業大学工学部教授、2002年名古屋大学大学院教授、07年より中部大学総合工学研究所教授。内閣府原子力委員会及び安全委員会専門委員、文部科学省科学技術・学術審査会専門委員を歴任。著書『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』3部作他ベストセラー多数。

上記内容は本書刊行時のものです。